【nitro15】

囲碁ニュースまとめブログ「nitro15」 韓国、中国、世界戦ネタ多め。時々韓国記事を翻訳します。



タグ:AlphaGo

日本の人工知能(AI)囲碁ソフトウェア'Zen'と韓国プロ囲碁棋士の対決が繰り広げられる。 6日、国家数理科学研究所産業数学革新センターによればプロ棋士チョ・ヘヨン9段は、27日ロシアで開かれる'第60回ヨーロッパ囲碁コングレス'に参加して日本が開発した人工知能囲碁プログラム'Zen'と対局を行う。 ...

Googleディープマインドの創業者兼最高経営者であるデミス・ハサビスは6日(現地時間) “AlphaGoの100万ドル賞金の受恵者がユニセフ英国とコード クラブ(Code Club)、アメリカ、ヨーロッパと韓国囲碁協会という点を確認することになってうれしい”と明らかにした。 ...

Googleディープマインド チャレンジ マッチ以後、囲碁界を含んだ全世界のホットイシューに浮び上がったAlphaGo解剖のために国家代表常備軍が一つになった。 イ・セドル-AlphaGo対決のリアルタイム解説をはじめとして、これまで数多くのプロ棋士がAlphaGoを分析したが既存パラダイムを破るAlphaGoの手に対しては誤解とデマが多かった。 ...

AlphaGoの次の行動に関してはいろいろ噂が多い。 スタークラフトを習ってプロゲーマーと対局するという説、中国柯潔9段と囲碁で対決するという説もあって、プロ棋士ではない中国の人工知能と対局、すなわち機械vs機械の対決を行うという話も出てくる。 この全ての事をつくすかも知れない。 ...

イ・セドルがAlphaGoとの囲碁対決で5戦1勝をおさめた。 驚くほど発展した人工知能に全世界が注目し、政府は'韓国型AlphaGo'開発を促して新しい投資計画を発表した。 その対局を見守った'人間'らは予想できない敗北に挫折と恐れを感じる一方、AlphaGoとそれ以上を夢見るきっかけにするなど各自それなりの方式で結果を受け入れようと努めた。 ...

人間で神の領域に入ったイ・セドルが再び人間界に戻った。 誰かは囲碁の実力が増えたといったし誰かは全く同じであるといった。 私もまた新世界を経験したイ・セドルの手がとても見たかった。 復帰戦としては格が合う相手という点でも話になる事に充分だった。 イ・セドルvsキム・ジソクのマキシム杯8強の話に先立ち春蘭杯から先に始めてみる。 ...

今年3月を熱い雰囲気にした'イ・セドル-AlphaGo'世紀の対決以後、囲碁界の姿にも変化が起きそうだ。 それがその場ではないといってもそうだ。 AlphaGoに使われた汎用アルゴリズムは囲碁界だけでなくあらゆる分野に衝撃を与えたが、ひとまず囲碁界に限定して話すならばその変化は個人が持つPCやスマートフォンにAlphaGo水準のサービスが始まる時として見てもかまわなそうだ。 ...

世の中がひとしきり目がくらむようだった。 照明で眩しかった対局場は皆が離れて荒涼である。 眩暈がするような眠りから覚めた気持ちだ。 イ・セドル9段が人工知能AlphaGoに負けた。 1対4。それは初戦だけ見ても分かることができた。 中盤までは拮抗したが計算が完全な領域では力不足だった。 ...

イ・セドル9段が'囲碁の本質'に対する考えを明らかにした。 イ・セドル9段は人工知能AlphaGoと対局する事に先立ち"囲碁の美しさ、人間の美しさをコンピュータが理解して打つのではないので囲碁の価値は続くだろう"と話したことがある。 イ・セドル9段は去る9日から15日まで開かれた'Googleディープマインド チャレンジ マッチ'でAlphaGoに1勝4敗で負けたが、相変らず"人間が押されるといって囲碁の価値が落ちると思わない"と強調した。 ...

囲碁がこんなにまで世間の注目を受けたことはなかった。 イ・セドルとAlphaGoが行った‘世紀の対決’が行われる前後約10日間、世界の目と耳はすべて囲碁に傾いた。 韓国棋院に東・西洋に限らず世界有数のメディアがぎっしり入ったことは韓国囲碁史上初めての出来事だ。 ...

数千年の歴史を持つ囲碁は、作られて以来最も多くの人々に想像を超越する関心を集めた。 断言するが、以前にもこうしたことはなかったし今後も囲碁が今回のイ・セドルvsAlphaGo対決ぐらい照明を受けることはないだろう。 ...

AlphaGoとの世紀の対局を終えた後、17日済州島(チェジュド)で休暇を送っているイ・セドル9段と娘ヘリムさん、夫人キム・ヒョンジンさん(左側から)。 ‘娘バカ’で有名なイ・セドル9段は“AlphaGoと対決する時、家族と一緒にいなかったとすればさらに骨を折っただろう”と話した。 ...

人工知能'AlphaGo'との対決で世界的話題を集めたイ・セドル9段の広告が21日からニューヨークで掲示される。広告を自費で製作したブリッジエンタープライズのハン・テカク代表は'世紀の対決'がソウルで繰り広げられたという事実を'世界の首都'ニューヨークでもう一度広報したかった"と話した。 ...

「3月初めより7kg落ちた。」いつもよりかなり痩せて見える。元々細い体格なのだが7kg落ちたなんて彼とAlphaGoの対決がどれほど心理的な物理的衝撃に苦しんだのか知ることができた。 AlphaGoの世紀の対決が終わった後、16日夫人キム・ヒョンジンさん(33)、娘ヘリムさん(10)と一緒に済州島を訪れたイ・セドル九段(写真)に宿舎の済州新羅ホテルで会った。 ...

イ・セドル9段と五番勝負を行って4勝1敗で勝利した人工知能囲碁プログラム'AlphaGo'が世界ランキング2位を占めて目を引く。 囲碁専門ランキングサイト'Go Ratings'はAlphaGoのELOポイントを3586点で算定して2位に上げた。 ...

イ・セドル9段のイメージは両面的なところがある。 創造性と勝負師気質、戦闘性で圧縮される彼の囲碁スタイルは線が太い。 全南(チョンナム)新安飛禽島(ピグムド)出身である彼は8才の時、小学6学年まで参加する全国子供囲碁王戦で優勝する。 棋才を発見して彼をスカウトしたグォン・ガプリョン8段は"自由奔放な精神を有している。 どんな相手とぶつかり合う時も非常に激烈に戦う"と評価した。 ...

人工知能(AI)AlphaGoの初めての対局相手であったヨーロッパ囲碁チャンピオン 樊麾(写真) 2段がイ・セドル9段の4局勝利に対して“途方もない圧迫の中でも一発を飛ばした”として喜んだ。 徹底的に統制される対局現場で中国ルール審査委員として参加して対局を見守った彼は“イ・セドル9段が多い圧迫を感じた”として“特に1局でAlphaGoが思ったより強いということを感じてさらにそうだっただろう”と話した。 ...

イ・セドルvsAlphaGoが行った'世紀の対決'が中国でも連日大きい話題を産んでいる。 特にイ・セドル9段が去る13日会心の1勝をおさめるとすぐに中国最大官営メディアであるCCTVは正規放送を中断したままイ・セドル勝利を速報に送りだしたほどだ。 新浪等の有力ポータルサイトも早目にイ・セドル-AlphaGo対局の生中継ページを稼動した。 ...

物足りなさの中に幕が降りていった。 世界が注目した勝負は短い五回の対決だったが'機械'の挑戦がいつの間にか'人間'の挑戦に変わった。 最善を尽くしたが結果は最善ではなかった。 1-4はスコア上では完敗だ。 相手があまり分からず、それで低くした。 真剣勝負をしなければならないのに、見慣れない舞台に適応して相手を把握する事に2~3対局が消費されたという感じも消すことはできない。 イ・セドルもやはりそのような内心を表した。 ...

"とても残念だ。 チャレンジ マッチが終わって有終の美をやり遂げることができなくて残念だ。 (5局は)有利に出発したのだが敗れて私の不足さがもう一度あらわれたようだ。" '世紀の対決'を1勝4敗で終えたイ・セドルは物足りなさでいっぱいだった。 '残念'という単語を何度も繰り返し使った。 自身が不足したという言葉も欠かさなかった。 ...

記者会見後開かれた閉幕式でホン・ソッヒョン韓国棋院総裁が手がないAlphaGoに代わって デービッド シルバーGoogleディープマインド チームリーダーに名誉9段証を伝達した。 名誉アマ段証ではなく名誉プロ9段証を授けたことは今回が初めてだ。 ...

イ・セドル9段がAlphaGoとの最後の対局を渡してしまった。 15日午後ソウル、光化門(クァンファムン)フォーシーズンズホテル特別対局室で行われた'Googleディープマインド チャレンジ マッチ' 五番勝負の最終第5局でイ・セドルは280手で中押し負けした。 ...

聂卫平李开复评人机战_高清图集_新浪网  人机大战V赛前李世石与家人_高清图集_新浪网  人机大战V_高清图集_新浪网  人机大战V赛后_高清图集_新浪网  動画(※リンク先音注意)李开复:阿尔法实力很强 期待中国高手挑战|人机大战|李世石|李开复|围棋|综合体育_新浪视 ...

韩国棋院游记_高清图集_新浪网 人机大战赛场外画面_高清图集_新浪网  人机大战V赛前_高清图集_新浪网   nitro15@nitro155【AlphaGo】イ・セドルvsAlphaGo Googleディープマインドチャレンジマッチ第5局スクショまとめ160315 https://t.co/5pNgCYldo1 https://t.co ...

速報/イ・セドル、黒番でも勝つだろうか   ▲家族と楽しい時間を過ごしたイ・セドル。  無欠点のように見えたAlphaGoの弱点をイ・セドル9段が発見した。 去る4局からだ。 混戦でイ・セドルの妙手(78)はAlphaGoの力量に限界を見せた。 製作会社Googleディープマインドの ...

'Googleディープマインド チャレンジ マッチ'と名がついた人間最高手と人工知能最高手間の五番勝負囲碁対決。 去る1月28日世紀の対決を発表した時から40余日間囲碁界と世の中が沸きかえった。 韓国棋院はすべての棋戦日程を中断し大会場は内外信記者たちで大変な混雑になった。 ...

人工知能の挑戦を受け入れた世界最強のプロ棋士は自身満々だった。 色々な分野で人工知能は人の能力を跳び越え始めた。 しかし囲碁、囲碁だけは人間の実力に触れなかった。 19路盤の中では場合の数は宇宙の原子の数より多くてそれを全て探索するのはスーパーコンピュータでも数百万年かかるのか数億年かかるのか分からない。 ...

イ・セドル9段が当代最高の人工知能(AI)AlphaGoを相手に初めて勝った。 悪戦苦闘終わりにおさめた1勝はイ・セドル9段の‘揺さぶり’で始めた。 この攻撃に機械の‘エラー’(?)が出た。 プロもミスで試合に負ける。 プログラムの限界ならばそれもやはりAlphaGoの現在の実力だ。 ...

"3連敗の後に1勝をする、このようにうれしいことはないですね。 今後何とも代えがたい、本当に価値のある1勝です。"勝利インタビューに出たイ・セドル(33) 9段の声が細く震えた。 18回も世界頂上に立った時にも見られなかった安堵の表情が顔全体を覆った。 当初大言壮語したこととは逆にAlphaGoに連敗を繰り返してあふれた非難は天下の'センドル(強い石)'でも耐えるのが難しい水準だった。 ...

↑このページのトップヘ