【nitro15】

囲碁ニュースまとめブログ「nitro15」 韓国、中国、世界戦ネタ多め。時々韓国記事を翻訳します。



カテゴリ:インタビュー

三星火災杯開幕式が開かれた9月4日はポーランド出身ヨーロッパ プロ棋士マテウス・スルマの誕生日だった。 "家族と誕生日パーティーは一週間前ポーランドであらかじめした。"として"誕生日パーティーより世界大会に参加したことの方がはるかにうれしい。"というマテウス・スルマ. ...

シン・ジンソが農心辛ラーメン杯代表になった。 彼は韓国‘ナンバー ツー’だ。 代表になって当然のようだが農心辛ラーメン杯本戦に上がったのは今回が生涯初めてだ。 入段して5年だ。 国内選抜戦でイ・チャンホ、ユン・ジュンサン、カン・ユテクを次々破り、8日囲碁TVスタジオで開かれた第19回農心辛ラーメン杯国内選抜戦決勝ではハン・スンジュを破った。 ...

21~23日に、日本大阪で開かれた‘ワールド碁チャンピオンシップ’の場外スターは趙治勲(61) 9段だった。 審判資格で開幕式に登場した趙治勲9段は不意に、“私は‘DeepZenGo’を応援する”と告白すると“DeepZenGoが世界的な棋士に勝てば、私の地位がさらに上がらないか”と話して笑いを誘った。 ...

中国プロ囲碁棋士コ・ジェ9段(19)がかなり体を下げた。 イ・セドル9段に向かって“彼が私に勝つ確率は5%に過ぎない” “イ・セドルは人間代表ではない。 私はAlphaGoに負けない自信がある”等毒舌に近い直撃弾を飛ばしたコ・ジェではなかった。 ...

第3回百霊杯決勝進出者は中国棋士チェン・ヤオイェ9段とコ・ジェ9段だ。 30日ウォン・ソンジンに中押し勝ちをおさめて2-1で勝利したコ・ジェは"準決勝三対局は全て逆転勝ちだった。 これからはこういうきわどい勝利を経験したくない。"と話した。 ...

韓国は統合予選進出者数'ゼロ'までも覚悟しなければならないくらい後れを取ったので一般組2人の本戦進出は胸をなで下ろす結果であった。 ビョン・サンイルは中国のチャン・ウェイジェに中押し勝ちして2年連続本戦進出に成功し、カン・スンミンも日本の芝野虎丸に勝ってこの大会3回目の本戦進出に成功した。 二人に同時に所感と覚悟を尋ねた。 ...

5月10日昆池岩(コンジアム)リゾート(京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)市)特別対局室で開かれた第17回マキシムコーヒー杯入神最強戦決勝三番勝負2局でイ・セドル9段がウォン・ソンジン9段を相手に207手で黒中押し勝ちした。 去る1局も勝ったイ・セドルは総合成績2-0で大会五回目の優勝に成功した。 ...

チェ・ジョン6段がLG杯史上女流棋士では初めて統合予選を通過した。 LG杯は第10回大会の時から統合予選を導入した。 これまで女流棋士ルイ・ナイウェイ9段が四回本戦で走ったが統合予選を通過したことではなかった。 5日、韓国棋院で開かれた第21回LG杯朝鮮日報棋王戦統合予選決勝でチェ・ジョンはジョウ・ホシ5段を白中押し勝ちで破った。 ...

イ・セドルが復帰戦でキム・ジソクに勝利した。 イ・セドルはより一層鋭く洗練された読み能力を誇示し、果敢な決断力まで増してより一層強くなった。 30日午後7時ソウル、城東区(ソンドング)、馬場路(マジャンノ)囲碁TVスタジオで行われた第17回マキシム杯8強戦でイ・セドルがキム・ジソクに172手で白中押し勝ちをおさめた。 ...

「3月初めより7kg落ちた。」いつもよりかなり痩せて見える。元々細い体格なのだが7kg落ちたなんて彼とAlphaGoの対決がどれほど心理的な物理的衝撃に苦しんだのか知ることができた。 AlphaGoの世紀の対決が終わった後、16日夫人キム・ヒョンジンさん(33)、娘ヘリムさん(10)と一緒に済州島を訪れたイ・セドル九段(写真)に宿舎の済州新羅ホテルで会った。 ...

"とても残念だ。 チャレンジ マッチが終わって有終の美をやり遂げることができなくて残念だ。 (5局は)有利に出発したのだが敗れて私の不足さがもう一度あらわれたようだ。" '世紀の対決'を1勝4敗で終えたイ・セドルは物足りなさでいっぱいだった。 '残念'という単語を何度も繰り返し使った。 自身が不足したという言葉も欠かさなかった。 ...

AlphaGoの弱点は何だろうか。 これはイ・セドルだけでなくすべてのプロ棋士が知りたい主題になった。 パク・ヨンフン9段が浮び上がった。 彼の別称は‘神算’という。 鬼のような計算力で半目を正確に当てる。 韓国ランキング3位。 現存最高の形勢判断力を誇る棋士だ。 ...

2連敗にあった後プレス ブリーフィングに臨んだイ・セドルは上気した顔だった。 終局後から40分近く過ぎたが表情は固まっていた。 時々微笑を浮かべたが1局を敗れた後に見えた余裕とは異なっていた。 衝撃の連敗。 2局では明確な誤ったミスなしでよく打っていったので結果はさらに衝撃的に近づいた。 何が誤ったのだろうか。 淡々とした語調で所感を明らかにして記者たちの質問に答えた。 ...

中国ランキング1位柯潔、日本第一人者井山裕太も驚いた。 柯潔9段は以前農心辛ラーメン杯インタビューで"イ・セドルが5:0で勝つ。 私の全財産をかけることができる。"といったがイ・セドル9段とAlphaGoの対決を見た後には"AlphaGoが5:0で勝つこともできる。"と言葉を変えた。 ...

5-0勝利を確信したイ・セドル9段は局後衝撃的な敗北にあった敗者にふさわしくなく余裕がある姿を失わなかった。 1局結果に対しては"とても驚いた。 事実負けると思わなかったが序盤の失敗が最後まで続いたのではないかと思う"と話した。 その一方で"AlphaGoがこのように完璧に打つとは思わなかった。 とても驚いて、たった今私に尊敬の念を表わすといったが私はAlphaGoを作ったお二人方、その他のプログラマーに深い尊敬の念を表す"と伝えた。 ...

'人間代表'として人工知能囲碁プログラム'AlphaGo'と世紀の対決を行うイ・セドル9段が歴史的な決戦に先立ち最後に姿を表わした。 イ・セドル9段は8日午前10時ソウル、光化門(クァンファムン)フォーシーズンズホテルで開かれた'イ・セドル-AlphaGoチャレンジマッチ記者会見'に参加して対局が差し迫った現在の心境と覚悟などを明らかにした。 ...

"AlphaGoをテストする事はないでしょう。 AlphaGoが1勝でもすれば私が負けることだと考えるので…。" 来る9日から始める人工知能'AlphaGo'との対決を控えているイ・セドル9段がまた一度勝利の自信を示した。 7日午後韓国棋院大会場で開かれた第43期ハイワンリゾート授賞式でイ・セドルは"三対局に勝てば最終勝者になることだがひと勝負でも渡すのは負けることだと考えるので毎対局最善を尽くす"と明らかにした。 ...

第17回農心辛ラーメン杯3ラウンド開幕記者会見が3月1日午後1時半(韓国時間)から中国上海グランドセントラルホテル4階で開かれた。 記者会見壇上には[韓国]キム・イン、イ・セドル、[中国]ワン・ルナン、柯潔、[日本]孔令文、井山裕太と主催社農心中国事業部門チョ・イニョン部門長が参加した。 ...

イ・セドルとAlphaGoの'100万ドルマッチ'が世界最高の話題のうちの一つになった中でGoogleディープマインドのCEOデミス・ハサビスが対局に関連した詳細内容を記者会見を通じて発表した。 デミスは記者会見終わりに今回の対決を通じて囲碁が西洋世界にさらに多く知らされる機会になったら良いという言葉と共に、グーグルがなぜ最も難しいといわれている囲碁という種目を選択してAIと人間の対決を推進しているのか核心的な内容を説明した。 ...

イ・セドル9段と人工知能AlphaGoの'Googleディープマインド チャレンジ マッチ'が光化門(クァンファムン)のフォーシーズンズホテル ソウル特別対局室で9日午後1時歴史的な対決を始める。 それに先立ち22日午後5時韓国棋院大会場で開かれた記者会見でイ・セドル9段は勝利に対する強い自信を表明した。 ...

4時間かけた血みどろの戦いを終えて、TV生中継インタビューまでへとへとになった状態だったが趙治勲とイ・チャンホは現場を訪れた囲碁ファンたちに会うために韓国棋院2階公開解説場に上がってきた。 対局が進行されたところは韓国棋院1階に位置した囲碁TVスタジオであった。 ...

韓国囲碁界では'名誉'称号をあたえる文化がなくても、国手戦と女流名人戦ただ二つを除けばすべての大会が選手権戦(去る大会優勝者も本戦から再び参加する方式)なので5年連続優勝する棋士が出ることは難しかった(参考:この分野の最高記録は日本では趙治勲の本因坊戦10連覇、韓国ではチョ・フンヒョンの覇王戦16連覇だ)。 女流名人5連覇に成功した韓国女流囲碁の大黒柱チェ・ジョンに会ってみた。 ...

“毎日囲碁TVを見ます。” インタビューをしてみるならば、誰ということもなく、特に年を取って落ち着いた囲碁愛好家であるほど、異口同音に聞く話だ。 以前には囲碁愛好家を自任する基準定規が‘月刊囲碁購読’であったのだがいつからか‘囲碁TV視聴’に変わった。 ...

世紀のビッグ対局が予告されました。 去る10年間余り世界囲碁界を平定してきた囲碁世界チャンピオン イ・セドル9段がとても特別な対局を広げる事になりました。 イ・セドル9段に挑戦状を差し出す相手の名前は‘AlphaGo’。 ‘AlphaGo’とはいったいどこの国の人なのかと思ったところ、これはグーグルで開発した人工知能コンピュータの名前ということです。 なのでコンピュータと人間との囲碁対決が繰り広げられるということですが。 果たしてどちらが勝つか。 今、囲碁界はもちろんでIT業界まで焦眉の関心事です。 今日話題のインタビュー、イ・セドル9段。 直接会ってみます。 ...

韓国囲碁にはいつも守護神は存在した。数百年の囲碁歴史を誇る日本と‘1億’囲碁人口を誇る中国の隙間に挟まった韓国が数十年間囲碁最強国として君臨できたのはチョ・フンヒョン、イ・チャンホ、イ・セドルにつながる‘第一人者’の系譜が継続してきたためだ。危機ごとに韓国を守ってきた天才の系譜。先代イ・セドル9段から受け継いだ韓国ランキング1位の席を長々26ヶ月間継続している‘4代守護神’パク・ジョンファン9段を皆さんに紹介する。 ...

↑このページのトップヘ