【nitro15】

囲碁ニュースまとめブログ「nitro15」 韓国、中国、世界戦ネタ多め。時々韓国記事を翻訳します。



カテゴリ:翻訳記事

長々379手を打った。 14年間の囲碁リーグ史上二番目に長い手数だ。 2時間42分を打った。 早碁対局では今シーズン三番目に長い対局だ。 対局中に碁笥に石を継ぎ足す状況が行われ、数え時には双方の地を全て埋めてもアゲハマが残った。 久しぶりの勝負は見どころが多かった。 ...

史上最多である378人が統合予選に参加して、そこで選別された19人と各国のタイトル ホルダー中心にシードを受けた13人。 32強戦で点火された2017三星火災杯ワールド囲碁マスターズ本戦は毎ラウンド激しい角逐の中で4人の準決勝対決に狭まった。25~26日にサムスン火災ユソン研修院で行われた16強戦と8強戦の話をまとめた。 ...

'囲碁三国志'の新しいシーズンが来週開幕する。 18日夜、中国瀋陽で幕を上げる第19回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦は韓国、中国、日本を代表する囲碁強者5人ずつチームを級んで連勝戦で競う盤上の国家対抗戦だ。 自然に囲碁三国志という別称がついた。 ...

三星火災杯開幕式が開かれた9月4日はポーランド出身ヨーロッパ プロ棋士マテウス・スルマの誕生日だった。 "家族と誕生日パーティーは一週間前ポーランドであらかじめした。"として"誕生日パーティーより世界大会に参加したことの方がはるかにうれしい。"というマテウス・スルマ. ...

1996年創設以来22回目である今回の大会は、9月4日夜、京畿道(キョンギド)高陽市(コヤンシ)のサムスン火災グローバルキャンパスで開幕式を持って、5日から本戦32強戦に突入する。 本戦には前期4強および、タイトル ホルダー中心の各国シード12人、激しい予選関門を切り開いた19人が集結する。 ワイルドカードは、台湾棋士では初となる黒嘉嘉7段が選ばれた。 ...

'両パク ツートップ'パク・ジョンファン9段とパク・ヨンフン9段が一緒に4強に進出した。 中国は約束された2人が上がるのだけに終わった。 64強から8強まで18人対37人、6人対22人、3人対12人、2人対6人と深刻な不バランスを見せてきた韓・中国兵力数は4強でバランスを成し遂げた。 ...

コ・ジェ9段との夢百合杯16強戦を目前に置いているパク・ジョンファン9段が、世界タイトル保有者であるタン・シャオ9段を破って中国甲級リーグ5連勝を走った。 この局の勝利で国内外16連勝を継続した。 パク・ジョンファンは韓国リーグでも7戦全勝を記録中だ。 ...

コ・ジェ9段と'22'という数字は何か関係でもあるのか。 '白番無敵'のコ・ジェ9段が、5月から受け継いできた白番勝利が22連勝で中断された。 15日に開かれた2017 CCTV早碁戦準決勝でチャン・タオ6段をむかえて白を握って159手で中押し負け、白番連勝行進が切れた。 ...

'若い血'で優勝カップを奪還する。 キム・ジソク9段(28)がワイルドカードで第19回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦韓国代表チームに合流した。 大会スポンサーである(株)農心は5人の韓国代表中最後の一つの席として残っていたワイルドカードにキム・ジソク9段を選定した。 ...

シニア囲碁リーグで初めて反則負けが出た。 尚州干し柿の2番手ペク・ソンホ9段が霊岩(ヨンアム)月出山(ウォルチュルサン)主将キム・ジョンス8段との対決で着手を変更して反則負け宣言にあった。 反則負けを宣言した審判はパク・サンドン6段だ。 ...

シン・ジンソが農心辛ラーメン杯代表になった。 彼は韓国‘ナンバー ツー’だ。 代表になって当然のようだが農心辛ラーメン杯本戦に上がったのは今回が生涯初めてだ。 入段して5年だ。 国内選抜戦でイ・チャンホ、ユン・ジュンサン、カン・ユテクを次々破り、8日囲碁TVスタジオで開かれた第19回農心辛ラーメン杯国内選抜戦決勝ではハン・スンジュを破った。 ...

'今回こそ!'になるだろうか。 3人を選ぶ第19回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦代表選抜戦でシン・ジンソ8段、シン・ミンジュン6段、キム・ミョンフン5段が太極マークを付けた。 8月ランキングでそれぞれ2位、11位、15位だ。 平均競争率75対1を上回る'地獄のレース'をかき分けて出た3人だ。 ...

7日、ソウル城東区(ソンドング)、馬場路(マジャンノ)に位置した韓国棋院囲碁TVスタジオで行われた国内選抜戦最終日試合で、‘両シン’ことシン・ジンソ8段とシン・ミンジュン6段が、それぞれハン・スンジュ4段とイ・セドル9段をはね除けて75対1の競争率を突き抜けて本戦に合流した。 ...

今年2月、LG杯朝鮮日報棋王戦を世界大会初優勝で飾って話題を起こしたタン・イーフェイ9段(23)は、これまで中国国内大会の優勝カップがなかった。 タン・イーフェイは、23日に閉幕した2017海峡両岸王冠争覇戦で3連勝で優勝した。 ...

↑このページのトップヘ