【nitro15】

囲碁ニュースまとめブログ「nitro15」 韓国、中国、世界戦ネタ多め。時々韓国記事を翻訳します。



カテゴリ:翻訳記事

コ・ジェ9段との夢百合杯16強戦を目前に置いているパク・ジョンファン9段が、世界タイトル保有者であるタン・シャオ9段を破って中国甲級リーグ5連勝を走った。 この局の勝利で国内外16連勝を継続した。 パク・ジョンファンは韓国リーグでも7戦全勝を記録中だ。 ...

コ・ジェ9段と'22'という数字は何か関係でもあるのか。 '白番無敵'のコ・ジェ9段が、5月から受け継いできた白番勝利が22連勝で中断された。 15日に開かれた2017 CCTV早碁戦準決勝でチャン・タオ6段をむかえて白を握って159手で中押し負け、白番連勝行進が切れた。 ...

'若い血'で優勝カップを奪還する。 キム・ジソク9段(28)がワイルドカードで第19回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦韓国代表チームに合流した。 大会スポンサーである(株)農心は5人の韓国代表中最後の一つの席として残っていたワイルドカードにキム・ジソク9段を選定した。 ...

シニア囲碁リーグで初めて反則負けが出た。 尚州干し柿の2番手ペク・ソンホ9段が霊岩(ヨンアム)月出山(ウォルチュルサン)主将キム・ジョンス8段との対決で着手を変更して反則負け宣言にあった。 反則負けを宣言した審判はパク・サンドン6段だ。 ...

シン・ジンソが農心辛ラーメン杯代表になった。 彼は韓国‘ナンバー ツー’だ。 代表になって当然のようだが農心辛ラーメン杯本戦に上がったのは今回が生涯初めてだ。 入段して5年だ。 国内選抜戦でイ・チャンホ、ユン・ジュンサン、カン・ユテクを次々破り、8日囲碁TVスタジオで開かれた第19回農心辛ラーメン杯国内選抜戦決勝ではハン・スンジュを破った。 ...

'今回こそ!'になるだろうか。 3人を選ぶ第19回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦代表選抜戦でシン・ジンソ8段、シン・ミンジュン6段、キム・ミョンフン5段が太極マークを付けた。 8月ランキングでそれぞれ2位、11位、15位だ。 平均競争率75対1を上回る'地獄のレース'をかき分けて出た3人だ。 ...

7日、ソウル城東区(ソンドング)、馬場路(マジャンノ)に位置した韓国棋院囲碁TVスタジオで行われた国内選抜戦最終日試合で、‘両シン’ことシン・ジンソ8段とシン・ミンジュン6段が、それぞれハン・スンジュ4段とイ・セドル9段をはね除けて75対1の競争率を突き抜けて本戦に合流した。 ...

今年2月、LG杯朝鮮日報棋王戦を世界大会初優勝で飾って話題を起こしたタン・イーフェイ9段(23)は、これまで中国国内大会の優勝カップがなかった。 タン・イーフェイは、23日に閉幕した2017海峡両岸王冠争覇戦で3連勝で優勝した。 ...

9月19日、中国瀋陽で1ラウンドに突入する今回の大会にはコ・ジェ9段(三星火災杯と夢百合杯保有)、チェン・ヤオイェ9段(百霊杯保有)、ファン・ティンウィ9段(前期7連勝活躍)がシードで自動出場権を取得し、タン・イーフェイ9段(LG杯保有)とジョウ・ルイヤン9段が選抜戦を通過した。 ...

シンジンソvsハンスンジュ、キム・ミョンフンvsパク・ジョンサン、イ・セドルvsシン・ミンジュン。 6日から合計7ラウンドにかけて平均75対1の競争を行っている第19回農心辛ラーメン杯代表選抜戦は、これら6人間の3組の決勝で仕分けされることになった。 ...

26日、中国広東省恵州で続行された第11回春蘭杯世界囲碁選手権大会決勝三番勝負第3局で、パク・ヨンフン9段が中国のタン・シャオ8段に241手で中押し負けした。 23日の1局を中押し負けした後、25日の2局を半目勝ちして同率を作ったが総合成績1勝2敗でタン・シャオに優勝カップを渡した。 ...

21日、北京中国棋院大会場で開かれた第3回Mlily夢百合杯世界囲碁オープン32強戦に韓国棋士6人が出場して、パク・ジョンファン・イ・セドル・パク・ヨンフンが勝ち、チェ・チョルハン・ナ・ヒョン・ハン・テヒが負けた。 64強から4勝9敗で劣勢を見せた韓中戦スコアは32強では2勝2敗で対抗した。 ...

韓国6人、中国22人、日本2人、カナダ1人が32強対戦表に名前を上げた。 19日、中国棋院大会場で開かれた第3回Mlily夢百合杯世界囲碁オープン64強戦に韓国は18人出場して6人が勝利した。 中国は37人中22人、日本は3人中2人が勝った。 残りは人工知能DeepZenGoと中国系アメリカ代表。 ...

今回の大会は、人工知能(AI)が人間大会に初めて出場する公式大会としても関心を引く。 日本の人工知能囲碁プログラム'DeepZenGo′が、ワイルドカードで招待を受けた。 人間vs人工知能の対決は数回あったが、本格的な世界大会に選手資格で出場するのは今回が初めてだ。 ...

人間と人工知能(AI)がペアになって対決するイベント大会が17日、中国福州市で開かれる。 '人工知能囲碁とモノのインターネット フォーラム'のメイン行事であるこの大会は3ヶ国のプロ棋士とAIがペアを級んで対局を行う。 出場チームは韓国のイ・チャンホ9段と'DolBaram'、中国の馬暁春9段と'神算子'、台湾の黒嘉嘉7段と'CGI GO Intelligence'。 ...

第22回LG杯朝鮮日報棋王戦が28日夜、京畿道(キョンギド)のマイダスリゾート ゼウスホールで開幕式を持って熱戦の開始を知らせた。 開幕式には本戦32強棋士をはじめとしてユ・チャンヒョク韓国棋院事務総長、各国団長、関係者および取材陣など70人余りが参加した。 ...

この文はAlphaGoを開発したグーグルチームのデミス・ハサビス ディープマインドCEO兼創業者とデービッド・シルバーディープマインド リサーチ サイエンティスト兼AlphaGoチーム リードが作成したディープマインド ブログから持ってきたものです。 今回のAlphaGoの対局に対する総評と一緒に今後のAlphaGoの動きに対して明らかにした内容を紹介します。 ...

五日間開かれた'囲碁の未来サミット'が幕を下ろして囲碁界は再び人間大会に戻る。 29日から突入する第22回LG杯本戦には人工知能と正式対決を行った4人も出場する。 'AlphaGo'と対決したイ・セドル9段とコ・ジェ9段、'DeepZenGo′と対決したパク・ジョンファン9段と井山裕太9段だ。 ...

コ・ジェ9段に2連続完勝をおさめた AlphaGoが相談碁でも勝利した。 26日、中国浙江性烏鎮で開かれた 囲碁の未来サミット(Future of Go Summit)で、AlphaGoと中国の世界チャンピオン出身である陳耀燁、時越、周睿羊、唐韋星、芈昱廷9段が行った相談碁でAlphaGoが254手で白中押し勝ちをおさめた。 ...

'未来の囲碁サミット'のイベント対局で話題を集めたペア対局で、レン・シャオ チームがクー・リーチームに勝った。 レン・シャオ8段とクー・リー8段はそれぞれAlphaGoとペアになって対決を広げた。 人間強者と人工知能がチームを級んで'協業'をテストした対局だった。 ...

柯潔-AlphaGoのメイン勝負で、23日から中国浙江省烏鎮の国際コンベンションセンターで開かれている'囲碁の未来サミット'は、26日二対局のイベント対局を継続する。 午前にはAlphaGoがそれぞれ違うプロ棋士とペアになって行うペア対局を始め、午後にはAlphaGo対'人間チーム'が対決を行う。 ...

'囲碁の未来サミット'が開かれた25日、中国烏鎮 インターネットコンベンションセンター。 1局で負けて終盤に入ったコ・ジェ9段とAlphaGoが三番勝負2局で競った間、AlphaGo製作会社ディープマインドのCEOデミス・ハサビス博士とデービス・シルバーリサーチ サイエンティスト、そして我々・日本など記者間の‘ラウンド テーブル’が開かれた。 質問機会をたくさん得られなかった記者たちにとっては大切な時間だった。 ...

↑このページのトップヘ