CYBERORO
日本英才中邑菫"勉強になるので強い相手と打つのが好き"

作成者:キム・スグァン 2019-01-22午後01:29

[525102]work-008-wgd
▲菫初段。 師匠ハン・ジョンジン9段は"誰よりも負けず嫌いの勝負師"だが、休み時間には"鬼ごっこやボードゲーム、遊び場で走りまわる子供"と話した。




日本史上最年少プロとして話題になった仲邑菫初段が韓国棋院(ソウル、馬場路(マジャンノ))で韓国、日本メディアとの記者会見を行った。

菫の父親仲邑信也プロは、"日本は朝から夜まで勉強できる道場システムが珍しい"として"菫はプロになったが可能ならば中学生、高校生になっても韓国で修練を積むようにしたい"という意向を明らかにした。 

韓国で留学生活をした菫を指導したハン・ジョンジン9段は、"韓国が日本より囲碁を教えるのに良い環境というのは、韓国が日本より囲碁が強いためというよりは強い友達が多いためだと見ることができる"とし、"菫さんは日本国内では分からないけれど韓国で同じ年頃の中でも最も強い実力がある。 韓国の英才入段大会に出ても十分に入段が可能な実力だ。"と話した。 

[525102]work-007-wgd


▲菫を韓国で教えたハン・ジョンジン9段(左側から)、母親の幸さん、菫初段、父親の仲邑信也9段。



囲碁スタイルに関しては"初めから囲碁スタイルが攻撃的だった。 日本から留学にくる学生たちの大部分が温和な棋風である点と違う。 そのような攻撃的棋風は今後発展するのに良い条件だと見る。"と評価した。 

菫の母親である幸さんは、"菫は韓国料理が好きで日本でも辛いものを食べる。"として"キムチチゲとプルコギが特に好きだ。 "と話した。 

菫は、"強い相手と打つのが好きだ。 勉強になるためだ。"、"韓国プロ棋士の中ではパク・ジョンファン9段を尊敬する。"、"世界ナンバーワン"になりたい"と話した。

チェ・ジョン9段と23日に記念対局を行う事に関しては、"対局をすることになったこと自体がうれしくて楽しみ。"と話した。 

23日午後2時には囲碁TVスタジオでチェ・ジョン9段と定先で対局をする予定。 サイバーオロはこの対局を中継する予定だ。 




[525102]work-001-wgd

[525102]work-014-wgd


[525102]work-002-wgd
[525102]work-003-wgd
[525102]work-004-wgd
[525102]work-005-wgd
[525102]work-006-wgd
[525102]work-007-wgd
[525102]work-008-wgd
[525102]work-009-wgd
[525102]work-010-wgd
[525102]work-012-wgd
[525102]work-013-wgd

原文記事:CYBERORO