HANGAME
[三星火災杯]無冠韓国…コ・ジェと中国の3連覇を防げ

 0831-s0
▲優勝カップ奪還の目標を持って出撃する韓国ランキング トップ3。左側から1位パク・ジョンファン9段、2位シン・ジンソ8段、3位イ・セドル9段。



2017三星火災杯ワールド囲碁マスターズ開催 
韓国14人、中国13人、日本3人など出場

盤上世界の最大激戦地である'星の祭典' 2017三星火災杯ワールド囲碁マスターズが、32人の盤上強者が集まった中で本格的な優勝レースを行う。

1996年創設以来22回目である今回の大会は、9月4日夜、京畿道(キョンギド)高陽市(コヤンシ)のサムスン火災グローバルキャンパスで開幕式を持って、5日から本戦32強戦に突入する。 本戦には前期4強および、タイトル ホルダー中心の各国シード12人、激しい予選関門を切り開いた19人が集結する。 ワイルドカードは、台湾棋士では初となる黒嘉嘉7段が選ばれた。


国別には韓国14人、中国13人、日本3人、台湾1人、ポーランド1人だ。 韓国は、7月初めに終わった統合予選で、9人が本戦チケットを占めて最近6年間で最も多い通過者を出している。 中国は8人、日本は1人通過した。 ポーランド選手は韓・中・日・台湾を除いた海外棋士間のワールド組予選を通過したマテウス・スルマプロ初段だ。

 0831-s2
▲韓国棋院で開かれた統合予選の様子。 韓国は9人が本戦チケットを取得して最近6年間最も多い通過者を出した。



最大の関心事は韓国が優勝カップを奪還するかに集められる。 三星火災杯はこれまで12回優勝カップを上げた韓国の菜園だったが、ここ2年間は続けざまに中国に優勝カップを渡してしまった。 中国は7回、日本は2回優勝した。

韓国は最精鋭棋士が出場して優勝を狙う。 45ヶ月連続トップランカー行進を行っているパク・ジョンファン9段をはじめとして、2位シン・ジンソ8段、3位イ・セドル9段にかける期待が大きい。 

2015年2月LG杯優勝以後世界タイトルがないパク・ジョンファンは、三星火災杯初優勝でランキング1位の自尊心をたてるという覚悟だ。 未来権力から現在権力に急成長したシン・ジンソは、三星火災杯を初めての世界タイトルで飾るという明確な目標を持っている。 今年の成績により引退も考慮するというイ・セドルは、自身の大会最多優勝回数を5回に増やすための支度を終えた。 



このほかに、パク・ヨンフン9段、ソン・テゴン9段などの中堅勢力とアン・ソンジュン7段、イ・ドンフン8段、ビョン・サンイル5段、シン・ミンジュン6段などの新興勢力が虎視耽々と頂上の門を叩いている。 最高齢本戦進出者ソ・ボンス9段は、シニア組予選を通過し、紅一点韓国代表キム・チェヨン3段は女子組予選を通過した。

中国も強い。 不動の第一人者コ・ジェ9段を筆頭に、三星火災杯優勝経歴のタン・ウェイシン9段、前期準優勝トゥ・ジャシ9段、粘り強い強者チェン・ヤオイェ9段など1人1人が威嚇的だ。



-9月4日本戦開幕式
-5日から優勝賞金3億ウォン向かった熱戦
-これまで韓国12回、中国7回、日本2回優勝

過去2年間三星火災杯を占めたコ・ジェ9段が3連覇を成し遂げるかも関心事だ。 今まで世界メジャー大会を1回以上優勝した棋士は40人に達するが、3連覇を達成した棋士は1人だけだ。 囲碁レジェンド イ・チャンホ9段が、天下無敵の威容を轟かせた時に成し遂げた大記録だ。 まさに第2~4回三星火災杯からだ。

日本は自国7冠王を達成した井山裕太9段が10年ぶりに三星火災杯に登場する。 井山裕太は国内日程と重なる関係でしばらく三星火災杯に参加できなかった。 

 0831-s1
▲コ・ジェ9段(右側)とトゥ・ジャシ9段が行った前期大会決勝戦。 コ・ジェが2-1で勝って2連覇に成功した。


現在メジャータイトルは韓国0個、中国6個。 コ・ジェ9段が三星火災杯と夢百合杯を、タン・イーフェイ9段がLG杯を、タン・ウェイシン9段が応氏杯を、チェン・ヤオイェ9段が百霊杯を、タン・シャオ9段が春蘭杯を保有している。 ここに新設棋戦新奥杯でコ・ジェ9段とポン・リヤオ6段の決勝戦を残している。 

韓国棋士が最後に優勝した大会は2016年2月の第22回LG杯であった。 その後に開いた5個の大会の優勝カップは中国棋士が独占した。 三星火災杯は現在無冠の韓国が、現時点で最も早く優勝できるメジャー大会だ。

32強戦は三星火災杯の独創的システムであるダブルエリミネーションで進める。 32人を抽選で4人ずつ8組で配置した後各組の2勝者と2勝1敗者が16強に進出する方式だ。

32強戦を終えると、大田市(テジョンシ)サムスン火災ユソン研修院で16強および8強戦を9月下旬に、準決勝三番勝負を11月に続行して、12月にはグローバルキャンパスで決勝三番勝負で二十二回目の優勝者を誕生させる予定だ。 優勝賞金は3億ウォン。 
原文記事:HANGAME 



250