HANGAME
[中国リーグ]韓国ランキング1~5位出場、中国甲級リーグ猛打

 0617-c11
▲ 2017中国甲級リーグで4戦全勝を記録したシン・ジンソ8段。 初めての対決を行ったス・ウェ9段に191手で中押し勝ちをおさめた。


2017中国甲級リーグ8ラウンド
韓国傭兵6人中5人勝利

シン・ジンソ8段とチェ・チョルハン9段が4連勝を走った。 一ヶ月ぶりに開始された2017中国甲級リーグ8ラウンドに韓国棋士6人が出場して5人が勝利をおさめた。 

ランキング1位パク・ジョンファン9段はシーズン初勝利を上げた。 4ラウンドでチェン・ヤオイェ9段に敗れた後、二回目の登板だったパク・ジョンファンはチャン・リー6段との初めての対決を133手で中押し勝ちした。

2位シン・ジンソ8段は'AlphaGo手法'で、永らく中国ランキング1位を占めた強者ス・ウェ9段を制圧した。 ス・ウェとは初めての出会い。 主将戦、早碁戦、一般戦を問わず出場しているシン・ジンソは4戦4勝で好調だ。 最近15局戦績も14勝1敗、7連勝後1敗にあったが再び7連勝中だ。

6月ランキングでイ・セドル9段を抜いて4年3ヶ月ぶりに3位を取り戻すなど上昇の勢いであるチェ・チョルハンは、中国ランキング2位ミ・ウィティンを破った。 ミ・ウィティンにとっては4連敗中であったし通算相手戦績でも4勝6敗で後れていた。 チェ・チョルハンはシーズン4連勝を走って、7連勝を走ってきたミ・ウィティンはブレーキがかかった。


4位イ・セドル9段は中国ランキング3位レン・シャオ8段との接戦を1目半勝ちした。 中央攻防で鋭い読みで得点したのが決定的勝因として作用した。 レン・シャオにとっては4戦4勝で良い。 シーズン戦績は3勝3敗。

5位アン・ソンジュン7段は難敵のうちの1人であるトゥ・ジャシ9段を破って勝利行進に参加した。 トゥ・ジャシとは2015年夢百合杯16強戦で勝利したのに続き2連勝。

9位イ・ドンフン8段は、タン・ウェイシン ジンクスを克服できなかった。 先月LG杯32強戦を渡すなど3敗だけを当てられていたイ・ドンフンは、タン・ウェイシンの持ちこたえに煮え湯を飲まされた。

中国ルールの特殊性を利用した半コウを持ちこたえたのだが、地数比較で盤面8目を残しても負けた。 2連勝で今年のシーズンを出発したイ・ドンフンはその後4連敗に陥った。

全勝をのがした物足りなさはあるが、中国の強者を相手に5勝1敗をおさめたことは気持ち良い戦果。 今シーズン傭兵として参加している韓国棋士10人が、7ラウンドまで中国棋士を相手に16勝17敗に終わって体面を台なしにしていた合算戦績も21勝18敗で逆転させた。

 0617-c12
▲最近二人目の子供を授かったチェ・チョルハン9段はコンディションがとても良い。 難敵ミ・ウィティンを相手に大石死活に勝負をかけた'一発勝負'で勝った。


一方、コ・ジェ9段はアン・ドンスィ6段を2目半差で破って'AlphaGo後' 8連勝を継続した。 ファン・ティンウィ9段はパク・ヨンフン9段と春蘭杯決勝を控えているタン・シャオ8段を中押し勝ちで破って8連勝を疾走した。 8連勝はファン・ティンウィが唯一だ。

日本棋士では14年ぶりに中国甲級リーグに参加した一力遼7段が、8ラウンドで初めての出場機会をつかんだが、チャン・ウェイジェ9段に中押し負けした。 クー・リー9段、タン・シャオ7段、リー・シャンハオ5段、ヤン・ディンシン5段と共に重慶チーム所属だ。

中国リーグは甲級、乙級、丙級リーグで運営されて成績により上-下位リーグ間に昇降級をする。 ポストシーズンなしで14チーム間のダブルリーグ26ラウンドで競争を行う甲級リーグの9ラウンドは7月15日続行される。 
原文記事:HANGAME 


250
qgsu-fyeiwny3976400