韓国棋院  

中国シード:柯潔、周睿羊、陳耀燁、古力、連笑
韓国シード:姜東潤、朴廷桓、申真谞
日本シード:伊田篤史、本木克弥、結城聡
台湾シード:王元均
ワイルドカード:李世石、時越

1(25)
2(11)
3(6)
4(7)
5(6)
6(6)
7(5)
8(6)
9
10
11(3)
12(3)
13(0)
14(0)
15(0)
16(1)
17(0)
18(0) 


情報元:韓国棋院  

関連リンク:新奥杯世界公开赛种子名单 时越李世石获外卡_棋牌_新浪竞技风暴_新浪网 

関連記事:【新奥杯】大型世界囲碁大会誕生!中国主催'新奥杯世界囲碁オープン戦' 5月開幕 : 【nitro15】 

大型世界大会ができる。 中国新奥グループが後援する新奥杯世界囲碁オープン戦が創設される。 新奥グループは中国のエネルギー企業だ。

第1回新奥杯世界囲碁オープン戦は5月24日から中国棋院で統合予選を始め元年大会の幕を上げる。 国際囲碁連盟、中国棋院、河北省体育局、廊坊市人民政府が共同主催して中国囲碁協会、河北省囲碁協会、廊坊市体育局が共同主管する。

大会は統合予選→本戦64強~8強につながる単盤トーナメント→準決勝三番勝負→決勝五番勝負の段階で進行される。 制限時間は統合予選2時間(秒読み1分5回)、本戦2時間30分(秒読み1分5回)。 コミは中国ルールにより7目半だ。

優勝賞金は220万中国元(現在の為替レートで約3億9000万ウォン)と大きい。 20年の伝統を超えた韓国主催の三星火災杯とLG杯がそれぞれ3億ウォンで、また、3回大会を行っている中国主催の百霊杯と夢百合杯の180万中国元よりも多い。 個人戦優勝賞金としては4年ごとに開催される応氏杯(40万ドル・約4億6000万ウォン)の次だ。


この外に本戦から支給する賞金は準優勝80万中国元(約1億4200万ウォン)、4強敗者28万中国元(約4900万ウォン)、8強敗者16万中国元(約2800万ウォン)、16強敗者10万中国元(約1700万ウォン)、32強敗者5万中国元(約850万ウォン)、64強敗者3万中国元(約500万ウォン)だ。

統合予選で女子組、シニア組、ワールド組を別に行うのは三星火災杯に似ている。 64強本戦システムは今は中断された韓国主催のBCカード杯が初めて施行し現在開催中である百霊杯、夢百合杯とも同じだ。 大会参加にともなうすべての経費は選手本人が負担する。

統合予選では50人を選抜する。 50組で分けて各組の1位が本戦チケットを占める方式だ。 その中には女子組2つ、シニア組2つ、ワールド組1つが含まれている。

1回大会の本戦には予選通過者50人に各国シード12人と主催側が指名するワイルドカード2人が結集する。 シードは韓国3人、中国5人、日本3人、台湾1人だ。 オープン戦の性格に似合うように統合予選で大規模選手を選んで、シード数は少ない。

 韓国の本戦シードは決定された。 規定により世界大会タイトル ホルダーであるカン・ドンユン(LG杯)とランキング1位パク・ジョンファンが自動出場して、国家代表常備軍でシン・ジンソが選抜された。 その他の棋士は主催側がワイルドカードに指名しない限り統合予選を通過してこそ本戦舞台に上がることができる。