中央日報

ウォン・ソンジン-イ・ソヨン囲碁カップルまた、誕生

htm_201604212340156327

また一つの囲碁カップルが誕生した。ウォン・ソンジン(31・写真右側) 9段とイ・セドル-AlphaGo囲碁対決を中継して有名になった囲碁キャスターイ・ソヨン(27・左側)さんが6月5日ソウル江南区(カンナムグ)、新寺洞(シンサドン)、リバーサイド ホテルでウェディングマーチを鳴らす。

国内ランキング6位ウォン・ソンジン9段は第16期三星火災杯、第15期GSカルテックス杯などで優勝した国内最強者のうちの一人だ。 イ・ソヨンさんは韓国棋院研究生出身のアマチュア強者だ。 二人は2012年KB国民銀行囲碁リーグを通じて親しくなった。 当時ウォン・ソンジン9段はネットマーブルチーム主将、イ・ソヨンキャスターはコーチを引き受けて一つのチームでよく会って近づいた。

二人は囲碁カップルの長所として‘共感’を挙げた。イ・ソヨンキャスターは“ウォン・ソンジン先輩と対話すれば共感形成がうまくいく。囲碁の話をたびたびするが、解説する時も多くの役に立つ”と話した。

ウォン・ソンジン9段は“互いに囲碁を知っているから私が勝負をする時ソヨンがよく理解してくれる点が良い”と話した。 引き続き“まだプロポーズをする事ができていないので、世界大会優勝カップでプロポーズをしたい夢がある”と明らかにした。

原文記事:中央日報 

関連記事