ハンゲーム - 楽しいコンマ、Goハンゲーム!

[潜望鏡]パク・ジョンサン日記/イ・セドル-AlphaGo対決の開幕前開幕後

■パク・ジョンサンプロが伝えるイ・セドル-AlphaGo対決の裏面

イ・セドルとAlphaGoが行った世紀の囲碁対決が終わって半月が過ぎた。 たとえスコアでは人間代表として出たイ・セドルが負けたが人々はイ・セドルを敗者と言わない。 彼が見せた人間の姿は人々の心を刺激した。 イ・セドルは負けたが勝った。 

熱かった関心と濃い感動、そしてその余韻は囲碁が世界で果てる日まで忘れられないだろう。 親しい後輩で時には近距離でイ・セドルと共にして、時には生放送解説者として勝負の現場をそばで見守ったパク・ジョンサン9段がハンゲーム囲碁に玉稿を送ってきた。 生々しい親筆原稿を2回にかけて掲載する。 [編集者 注]

 0331-a3
▲イ・セドル9段が対局前に娘ヘリムの茶目っ気発動にひたすら楽しそうな姿。
 

真に素晴らしい勝負であった。 世界大会決勝のような数多くの名勝負を現場で感じて、今まで数万対局の棋譜を検討してみたが今回のように胸が熱くなる囲碁は初めてだった。 雄壮で、悲壮で、激烈だったが美しかった。 

2局のイ・セドル9段が敗れた日、彼の部屋で朝まで復碁と話を交わした。 眠たい目をこすってホテルを出る時3連勝で逆転すれば今回の勝負に対してそばで見守った事により文を書こうと決心したが、3局を敗れることによってその考えをひっこめた。 そして1勝4敗で世紀の対決は幕を下ろした。

その後10日以上時間が流れたが、まだ余韻が残っている。 冷たくて重たく勝つ道を歩いていったAlphaGoの手法。 そして燃え上がる心臓を破って時には冷静で時にはすさまじく勝つ道を探していた勝負師イ・セドルの姿。

囲碁は積み重ねているのだが文章を書くことはぎこちない、だが歴史の1ページを飾った大勝負を近くで見守った人として激しかった勝負の裏面を伝えようと思う。 

 0331-a2
▲ KBS解説委員パク・ジョンサン9段がKBS 'チャン・ヨンシルショー'に出演してイ・セドル-AlphaGo対局を説明している。[放送画面キャプチャー]
 

世紀の対局が始まる二日前、イ・セドル9段に韓国棋院国家代表室で会った。 彼は相変らず今回の対決に自信を持っていて、むしろ数日前コ・ジェに敗れた農心杯最終戦が話題になってその対局を同僚棋士らと検討した。

皆そう思っていた。 かえって負ける方がさらに大変だと。 私たちに知らされたヨーロッパチャンピオン 樊麾との5対局の対局棋譜がAlphaGoに対する全てであり、人工知能に対する無知さから来る油断は囲碁界全体に広まっていた。 

私はイ・セドル9段に1997年IBMのスーパーコンピュータ ディープブルーとの対決でチェスチャンピオンが心的動揺を起こして敗北につながった話をした。 話す当時、私は万に一つを備えるという心情だった。 私もやはり5対0勝利を予想した者なので…。


"歴史的な初対局…AlphaGoに有利に流れた" 

3月9日人工知能と世界チャンピオンが歴史的な初対局を始めた。 KBS中継解説を引き受けた私はイ・セドル9段の7手目についてはフフッとした。 AlphaGoがどのように対処するのかテストしてみる手であった。 AlphaGoは淡々と正攻法で対応した。 

初めて異常気流が流れたのはAlphaGoの24・26の手法だった。 その手順は私が考えていたどんな仕事より正確な手法だった。 イ・セドル9段が正面対応したが序盤の戦いはAlphaGoが有利に流れた。

 0331-ap1
<第1局> イ・セドルが黒1で付けた時AlphaGoの白2・4(実戦24・26)が序盤の戦いを有利に導いた正確な手法という評を聞いた。
 

複雑な戦闘が終わりなしに繰り広げられた。 AlphaGoは冷静に状況を導いていったがイ・セドル9段もやはり揺れるということはなかった。 いよいよ人工知能の失敗が出てきた。 相手が仕損じた時それを刺して入るイ・セドル9段の手法は餌を目前にした猛獣と違わない。

局面は誰が見ても逆転の雰囲気であった。 その瞬間打たれたAlphaGoの102手目の侵入。 その手を見たイ・セドル9段は深刻な顔で長考に陥って、中継をした私もあっちこっち対応手を探してみたがうまく見つけられなかった。 そのようにして1局はイ・セドル9段の敗北で終わった。 

 

 0331-ap2
<第1局> 白1(実戦102)が皆を驚かせた会心の侵入。 現場では"AlphaGoがこのような手も打つのか"とざわめきが起こった。





3月10日の2局は5度の勝負を振り返ってみる時最も重要な勝負所であった。 中継がなかった私は対局現場を訪れ、試合開始20分前控室でイ・セドル9段と会った。 部屋の中には私たち二人の他にホン・ミンピョ9段とイ・ハジン国際囲碁連盟事務局長、そしてイ・セドル夫人とヘリムまで6人がいた。 

ヘリムはパパの頭をオールバックに上げていたずらをし、私たちも囲碁の話はぐっと引っ込めたまま日常的な対話で話に夢中になった。 試合開始5分前、私たちが対局場に行くとそこにはたった今まで笑っていたパパイ・セドルではなく鋭い目つきの勝負師イ・セドルが座っていた。 
 

"AlphaGoの手にプロはまた再び驚いた" 

イ・セドル9段の手法は丈夫だった。 きらびやかな手法を駆使するAlphaGoを相手にどんな隙も許さないという意志が伝えられた。 序盤展開が大丈夫だと感じた瞬間AlphaGoの37手目がAja Hunag博士によって碁盤に打たれた。 

 0331-ap3
<第2局> 5線カタツキの黒1(実戦37)は既存の常識になかった手が固定観念に警鐘を鳴らした。
 

 

プロは驚いた。 私もやはり同じだった。 最小限私が勉強した囲碁にあの手はなかった。 90年代初め世界大会を数回席巻した'宇宙流'武宮正樹9段が似た手法を使ったことがあるがそれは中盤以後であり、序盤に5線であのように打つのは初めて試みられる手であった。

検討室の他のプロらと検討をしてあの手は良し悪しが不明でひとしきり後の進行によって決定されると結論付けた。 

不安感が襲った。 AlphaGoの手法は人工知能だが十分に創意的で挑戦的だった。 後で知ることになったのだが瞬間毎に勝つ確率を計算するAlphaGoは黒番である時48%で始めたという。 それで黒で打つ時の手法が白より挑戦的だ。

黒41・43がそうだ。 明らかに無理な方法であった。 だが、それに対するイ・セドル9段の対処が良くなくて、有利な局面のAlphaGoは鉄壁のようにそれを最後まで守った。 

 0331-ap4
<第2局> AlphaGoは黒番である時、最初の勝利確率を低く捉えて挑戦的に打つという。 黒1・3(実戦41・43)がその一例。 明らかに無理な方法だったがイ・セドルの対処が良くなかった。


放送関係で中盤以後現場を抜け出した私は汝矣島(ヨイド)でその報せに接した。 頭がぼんやりしていた。 1局を負けた時も楽観的だった私の展望は無知さの産物であって、浅はかな誤った判断だった。 囲碁界は沈鬱し、さらにイ・セドル9段を応援していた国民皆が力が抜ける瞬間だった。 





"イ・セドル夫人が訪れた、助けてほしいと"

イ・セドル夫人から連絡がきた。 その誰よりもたくさん大きい勝負をそばで見守ったイ・セドル夫人もこのような雰囲気は初めてであるからこのような時プロはどのようにする事を願うのか尋ねられた。

私もやはり大きい勝負経験があるが、このような場合はなじみがうすいので少し困り果てた。 "私も今はよく分からないです。 でも平常時のセドル先輩ならば過去の囲碁の検討を望むことのようです"と申し上げた。

二時間後放送を控えて'セドル先輩は大丈夫ですか?'とメッセージを送ると、同僚棋士らと復碁をしているのだがたくさん役に立つようだと返事をくれた。 後で知ったがイ・セドル夫人があちこちで助けてくれるプロ棋士がいないのか調べてみられたようだ。 世界大会(百霊杯統合予選)関係で当日午前中国に100人のプロ棋士が離れたのだが…。

 0331-a4
▲イ・セドル家族の仲むつまじい姿。 同年齢キム・ヒョンジンさんと2006年結婚して膝下に娘一人を置いている。
 

放送を終えてホテルの部屋を訪ねて行った。 スイートルームは部屋二つ連結されていたが一方には妻とイ・セドル夫人、ヘリムがいて、反対側の部屋にホン・ミンピョ9段、ハン・ヘウォン3段、イ・ダヘ4段がイ・セドル9段と復碁をしていた。 


次の日は休息日なのでビール一缶ずつ持って何時間か1・2局に対して検討をした。 イ・セドル9段は1局の102手を備える時間が多かったのだが軽視したことと2局でAlphaGoの無理な方法を報復できないことに対して惜しんだ。 議論になった2局の37手に対してだけ一時間以上を検討したが、やはり立派な手だと結論付けた。
 

 
"なんだ、この手があったか!"

碁盤だけ眺めてはいない。 イ・セドル夫人と妻も合流して話に夢中になったりもしたが以前にあった思い出を回想する話が大部分だった。 幼かった時の思い出と世界大会に一緒に参加した時おもしろかった話をたくさん交わした。

意外にもドラマに関する話もたくさん出たが、イ・セドル9段は私の周囲の誰よりもドラマに造詣(?)が深い。

イ・セドル9段の姉イ・セナ月刊囲碁編集長は'弟が武侠誌をたくさん見て言葉を格好良くするようだ'とおっしゃったが私はドラマの名セリフの影響ではないのかと思う。

明け方4時頃であったか? その時はイ・セドル9段とホン・ミンピョ9段、そして私まで三人が部屋にいたが突然イ・セドル9段が"何だ! この手があったか"といいながら2局を再び暴き始めて、2時間をさらに検討した。 

序盤にキチンと形を構築して、AlphaGoが少し無理に出てくれば安易な対処でなく(2局でイ・セドル9段はこの程度なら若干優勢という判断で制限時間を惜しむためにはやい選択をした)時間を惜しみなく投資してさらに強く打ってチャンスを捕らえること。

そして不利になればコウを利用して勝負の賭けに出ること。 これが私たちが下した結論だった。

 0331-a5


朝6時。 ホテルを出る気持ちはさわやかだった。 イ・セドル9段は2連敗にあったが全く挫折せず、現在の状況での最善を見つけていた。 

3月11日。 この日は休息日だ。 朝寝坊をして起きてみると留守中通話が数十通だ。 何だろう? と思った心情でインターネット ニュースを見るとイ・セドル9段が同僚棋士らと朝までAlphaGo対処法を探すのに苦心したという記事が壁貼りされていた。 

 
数人の親しい記者の方々に電話を差し上げたところ、やはりどんな戦略を研究したのか尋ねられた。 まだ対決が進行中なので話すことは困るといったが、この場を借りてお詫びし、理解してくれるだろうと信じる。 

再び一日が流れて運命の3局を迎えた。 AlphaGoが相手では黒番がさらに大変だと話したイ・セドル9段の黒番。 背水の陣を敷いたイ・セドル9段の初手が盤上に打たれた。

[棋譜は読者の皆様の理解を助けるために編集者が挿入したことであり、興味深い話は次回に続きます。] 
原文記事:ハンゲーム - 楽しいコンマ、Goハンゲーム!