尻尾を下ろした柯潔「私も勝率は5%」

尻尾を下ろしたコ・ジェ"私も勝率は5%"

中国プロ棋士反応など
 
160308-ps-16
 ▲神の一手はもうコンピュータが見つけるだろうか?韓国囲碁の代表者イ・セドルがAlphaGoに3-0完封負けを当てられた。左側から‘ディープマインド’ CEOデミス・ハサビス、イ・セドル9段、グーグルの共同創業者セルゲイ・ブリン。


真の囲碁神の降臨か? 最善を尽くしたイ・セドル9段を完勝で破ったAlphaGoの実力を確認した中国の最高級棋士も驚いた。 

中国第一人者コ・ジェ9段は第3局を見てはAlphaGoに対する認識を変えた。 以前自身のブログに"AlphaGoがイ・セドルに全勝をおさめても私には勝てないだろう"と大言壮語したコ・ジェは2局後には"自身の勝率は60~70%と考える。"と自信を持った。

【AlphaGo】「AlphaGo、お前がイ・セドルに全勝をおさめても私には勝つことができない」怒った柯潔インタビュー : 【nitro15】 



しかし3局が終わるとすぐに"自身の勝率期待値が5%に落ちた。"として深さを知ることが出来ないAlphaGoの底力に尻尾をおろした。 

イ・セドルのライバル古力9段は3局観戦評で"イ・セドルが序盤布石で失敗した。 AlphaGoがさらに全体的な見解を有している。 プロ棋士も習わなければならない水準の手があった。 おそらくイ・セドルと似た技量の棋士五人はいてこそAlphaGoとしっかりとした一戦を行うことができるようだ。"として相談碁形式の対決を提案した。

国籍は違うが、中国囲碁ファンたちもイ・セドルを応援してコメントに"電源を消せ。 AlphaGoは人類の災難。"という激昂した反応を見せたりもし、イ・セドルの敗北後には"一勝負でも勝って人類の自尊心を守らなければならない。"として応援する事もあった。

イ・セドルに勝利したAlphaGoが別のプロ棋士に挑戦するのか、でなければ囲碁征服を宣言して手を引くのかも関心事だ。 一部メディアでは次の目標がスタークラフトという報道が出てきたりもしたが、ディープマインド開発者デミス・ハサビスは囲碁の他にスタークラフトなど他のゲームに人工知能を適用するには否定的な反応だった。 

ある英国メディアとのインタビューでデミス・ハサビスは"正確な情報を両側が共有する状況でするゲームの中では囲碁が最高峰なのだが、まだ相手にする多くの最高級プロ棋士がいる。 最終的に私たちが興味を持ってする事は全面的に私たちの研究に役に立つほどの事などだ。

ディープマインドがゲームを征服する事に誰かは熱狂するかも知れないが、今はアルゴリズムと発想をテストして証明する過程を重要だと考える。 私たちの真の目標は汎世界的な多様な問題に人工知能の役割を見つけることだ。"と話した。 
 
原文記事:尻尾を下ろした柯潔「私も勝率は5%」