イ・セドル、後輩たちと徹夜で勉強..AlphaGo破る秘策探した

 160311-alpa-05

▲イ・セドル9段が3局では違う姿を見せるだろうか?


下の記事は3月11日スポーツ京郷オム・ミニョン記者が報道した <イ・セドル、後輩たちと徹夜で勉強..AlphaGo破る秘策探した> を移したものです。 ○● [スポーツ京郷]記事原文



“敗北の夜をまんじりともしないで徹夜した。”

10日AlphaGoにまた一度ひざまずいて人間vs人工知能(AI)の戦いで崖っぷちの危機に陥ったイ・セドル9段が一晩中徹夜してAlphaGoに対して勉強したことが確認された。 この席には普段イ・セドル9段の親友として評判のホン・ミンピョ9段とパク・ジョンサン9段が共にした。 女流プロ棋士ハン・ヘウォン3段とイ・ダヘ4段も力を加えた。

イ・セドル9段が11日朝6時までこれらと額を突き合わせて探した‘AlphaGo克服の秘策’はまずコウだ。 二対局の囲碁に現れたようにAlphaGoが極度にコウを避ける姿を見せたため。 ‘盤上の妖術’と呼ばれる程、死んだ石も生かして流れを揺り動かす。 盤上勝負の最大変数だ。 

このために人と人の対決では、ともするとコウが出る。 だが、今回のイ・セドル9段とAlphaGoの対決ではコウはほとんど出てこなかった。 このためにホン9段とパク9段などはイ・セドル9段に“コウを通じて変化を試みる必要がある”と助言したと分かった。

[521389]160311-alpa-03
▲ 2局敗北直後のイ・セドル9段。

次は‘大きい形’に合わせた。 AlphaGoが戦闘を行うと見るより削減に注力するという印象を匂わすためだ。 二対局の囲碁でAlphaGoは安定的に対局を級んだ。 変数を減らす方式だ。 したがって変数が多くなるように形を大きくさせて、それでこそAlphaGoの‘決定的失敗’を誘導できるというのが徹夜勉強の結論だった。

だが、それでも最大の課題は‘イ・セドルの失敗を減らすこと’だ。 イ・セドル9段と夜通し勉強をして朝6時にホテルの部屋を出たというホン・ミンピョ9段はスポーツ京郷とのインタビューで“1・2局で見たように明らかに初・中盤にAlphaGoの失敗が出てくる。 ところが問題は終盤にイ・セドル9段も失敗が出てくるという点だ”として“序盤の失敗は戦闘等を通して挽回できるが後半の失敗はどうしても補償を受ける所がない。 それが2連敗の原因だ”と伝えた。

それと共にホン9段は“徹夜勉強でイ・セドル9段が反撃に成功して3-2で勝てば幸せだが、それが容易に見えはしない”として“一日ゆっくり休んで冷静な精神で12日の対局ではイ・セドル9段が反撃の足がかりを設けたら良いだろう”と応援した。

原文記事:イ・セドル、後輩たちと徹夜で勉強..AlphaGo破る秘策探した