ハンゲーム - 楽しいコンマ、Goハンゲーム!
[チャレンジマッチ]イ・セドル"AlphaGo開発者に尊敬心表わす"
 
0309-a21
 ▲局後記者ブリーフィングに参加したイ・セドル9段。


イ・セドルvsAlphaGo、第1局記者ブリーフィング 
イ・セドル"これから5-5勝負と考えて"

5-0勝利を確信したイ・セドル9段は局後衝撃的な敗北にあった敗者にふさわしくなく、余裕がある姿を失わなかった。 1局結果に対しては"とても驚いた。 事実負けるとは思わなかったが序盤の失敗が最後まで続いたのではないかと思う"と話した。 

その一方で"AlphaGoがこのように完璧に打つとは思わなかった。 とても驚いて、たった今私に尊敬の念を表わすといったが私はAlphaGoを作ったお二人方、その他のプログラマーに深い尊敬の念を表す"と伝えた。

イ・セドル9段に先立ちマイクを持ったデミス・ハサビス GoogleディープマインドCEOは"イ・セドル9段に大きい尊敬の念を表わす"として"戦闘的で創意的なスタイルのためにこのように有名になられたことでないかといえる。 そのおかげで今日の対局が興味深くて緊張感があふれた。 今日のAlphaGoの結果に対してもうれしいと考える"という所感をいった。

一方現場生中継を進めたキム・ソンリョン9段は"イ・セドル9段にとっても大きい衝撃だがプロ棋士として衝撃的な一日を送っている"として"AlphaGoの特徴はプロ棋士らと違うスタイルで進めたということだ。 失敗をしたのだが始終一貫冷静な姿を見せたことが特異だ"とした。

引き続き"明確に滅びた場面でも形勢は侮れなかった。 その時プロならば終わったという感じを持つ程おかしな姿であったのだが形勢は終始侮れなくて、結局AlphaGoが勝つことができた原動力になったのではないかと考えられる。 全く人間のように打たなかった"と評した。 次はイ・セドル9段との問答。

 0309-a22
▲イ・セドル9段とデミス・ハサビスCEOがブリーフィングのために対局場を乗り出している。

-AlphaGoを相手にして微妙な表情変化も見せたし考える姿も見えた。いつから押される、という考えを持ったのか。
 
"今日二つ驚いた。序盤を解きほぐす能力だ。一つはAlphaGoが序盤は大変じゃないかと思ったが解きほぐす能力に驚いた。もう一つは後にはお互いが難しい囲碁ではないかと感じていたが勝負の賭け、人の読みで打とうとするなら普通は打つことはできない手が出てきたという点だ。"

-対局を受け入れたことをひょっとして後悔していないか。今後の展望は。
 
"事実衝撃的ではあったがそれは仕方ない。楽しく打ったし今後の囲碁も期待するので楽しく打つと思う。今後の展望はよく分からない。今日は布石で失敗したのでよく準備すれば良いのではないか。AlphaGoで二つ驚いた事が出てきたので今5-5ではないかと考える。"

-明日からの対局にどんな影響を及ぼすのか、AlphaGoはイ・セドル9段にとってどんな相手でどんな存在なのか。
 
"樊麾2段と私を比較するなら経験的な側面を確かめてみたい。1局を負けたといって大きく揺れる事はないんじゃないか、違わないか。AlphaGoに対しては今初めて本当に驚きを感じたが今はどんな存在なのかは話しにくいようだ。"

 0309-a23
▲公開解説を共に進めたプレスルームは内外信取材陣で空席がなかった。
 
原文記事:ハンゲーム - 楽しいコンマ、Goハンゲーム! 

月刊碁ワールド 2016年 03 月号 [雑誌]

日本棋院 2016-02-20
売り上げランキング :
by ヨメレバ
NHKテキスト 囲碁講座 2016年 03 月号 [雑誌]

NHK出版 2016-02-16
売り上げランキング :
by ヨメレバ

タイゼム - 大韓民国1位囲碁サイトTYGEM.COM
 

イ・セドル、"最初の対局に負けたが今からが5対5の勝負!"
イ・セドル、第1局対局終了直後記者懇談会持って

 19047main77
▲ 記者懇談会を終えたイ・セドルが明日(10日)開始される2局を準備するために移動している。 


'人類代表'イ・セドルがGoogleディープマインドの囲碁プログラム AlphaGoに衝撃的な敗北にあった。 

イ・セドルとAlphaGoの対決で広がっているGoogleディープマインド チャレンジ マッチ第1局でAlphaGoがイ・セドルを相手に186手で白中押し勝ちをおさめた。

敗れたがイ・セドルの表情はそんなに暗くなかった。 対局が終わった直後続いた記者懇談会でイ・セドルは"世界大会決勝でも最初の対局を負けた経験がある。 今日敗れたからといって揺れはしない。 これからが5対5の勝負"という所感を明らかにした。

次はGoogleディープマインドのデミスCEO、デービッド研究員と今日の対局の主人公イ・セドル、そして現場解説を引き受けたキム・ソンリョンの記者懇談会発言内容だ。
 

デミス・ハサビス(ディープマインドCEO):まず戦闘的な盤面運びと創意的スタイルで有名になったイ・セドル9段に尊敬の念を表わして、今日AlphaGoが勝利した意味深い結果を非常にうれしいと考える。

デービッド シルバー(ディープマインド チームリーダー):"立派な対局を行ったイ・セドル9段に感謝する。今日の対局はAlphaGoの能力限界値まで行った。今日成し遂げた業績に自負心を持つ。また、技術的エラーなしで囲碁が終わってうれしいと考える。"

イ・セドル:AlphaGoにとても驚いた。負けるという考えは全くしなかったが(笑)今日の囲碁は序盤の失敗が最後まで続いた。私を尊敬するとおっしゃいましたが、私はAlphaGoを作った方々に深い尊敬心を伝えたい。

AlphaGoの二つの能力に驚いた。 難しい序盤接戦をAlphaGoが解いていく能力に驚いて、左下隅戦闘以後形勢が不利になるとすぐに右辺で勝負の賭けを飛ばした点にまた一度驚いた。 人ならば考えにくい勝負の賭けであった。

最初の対局を負けたという点が衝撃的ではあるがとても楽しく打ったし今後の囲碁も期待される。 たとえ最初の対局を負けはしたが今からが5対5の勝負ではないかと思う。" 

キム・ソンリョン(公開解説):イ・セドル9段も衝撃を受けたが我々プロ棋士皆が衝撃的な一日を送っている。解説してAlphaGoは明らかにプロとは違うことを感じた。人が打つように打たない。

AlphaGoは失敗をしても始終一貫冷静を維持する事が特徴だ。左下隅で明白にAlphaGoが滅びた。 韓国最高級プロ棋士はその時点でイ・セドルの勝利を予想した。 部分的には大きく滅びたのが明らかだったが、全体的には侮れない形勢であった。 
 
原文記事:タイゼム - 大韓民国1位囲碁サイトTYGEM.COM