タイゼム - 大韓民国1位囲碁サイトTYGEM.COM
主将シン・ジンソ、韓国優勝導く!
四都市新鋭対抗戦今日開幕戦、韓国は日本と対決
 
 123847main77
▲韓国と日本、中国と台湾の開幕戦が行われている会場全景。 

2016 四都市新鋭囲碁対抗戦開幕式が19日ソウル、城東区(ソンドング)、馬場路(マジャンノ)韓国棋院2階大会場で開かれた。

開幕式には韓国棋院ヤン・ジェホ事務総長とヤン・ゴン棋士会長、中国杭州のスン・グォリャン団長、日本東京の蘇耀国団長、台湾台北のリン・ションセン団長と各国選手など50人余りが参加した。

ヤン・ジェホ事務総長は"これまで多くの先輩棋士がこの大会を経てトップ棋士に伸びていった。 四都市新鋭囲碁対抗戦はメジャー国際棋戦の縮小対局であり新しいスター誕生の予告篇のような大会なので普段練磨した技量を思う存分広げて世界囲碁ファンたちの期待に応じるように願う"と励ました。

韓国ソウル市と中国杭州市、日本東京都、台湾タイペイ市が参加したこの大会は97年韓中青少年囲碁大会として始まって、2000年4回大会から日本が合流し2004年8回大会からは台湾が加勢して本格的な四都市新鋭対抗戦になった。

国際新鋭対抗戦の地位を備えたこの大会は毎年四都市を巡回して開催される。

95年1月1日以後出生者8人(男6人、女2人)が出場してフルリーグで順位を決める今回の大会の優勝賞金は800万ウォン、準優勝賞金は400万ウォンだ。 制限時間は各2時間に40秒秒読み3回が与えられる。

同率の場合チーム勝数と同率チーム間勝者勝、1枚勝数、2枚勝数順で順位を決める。 韓国は初日日本と試合を持って20日中国、21日台湾と激突する。

韓国は主将シン・ジンソをはじめとしてイ・ドンフン、ナ・ヒョン、ビョン・サンイル、キム・ミョンフン、シン・ミンジュン、パク・チヨン、イ・スラの8人が出場する。

韓国と優勝を争うと予想される中国はリー・チンチョンをはじめとしてヤン・ディンシン、 パン・ウィンルオ、 リー・シュアンハオ、シャ・チョンクン、シェ・コ、ウィ・ズィン、ワン・チョンシンが出る。

日本は十段とNHKタイトルを保有中の伊田篤史が主将を引き受けて、台湾はワン・ウォンジュンがチームを導いて韓国と中国に対抗する。

原文記事:タイゼム - 大韓民国1位囲碁サイトTYGEM.COM 

<各チーム陣容・生年月日>
 
  杭州
  李欽誠(リー・チンチョン)初段1998.10.20
  楊鼎新(ヤン・ディンシン)三段1998.10.19
  范蘊若(ファン・ユンルオ)四段1996.01.07
  李軒豪(リー・シャンハオ)五段1995.02.01
  夏晨琨(シャ・チョンクン)四段1994.10.30
  謝科(シェ・コ)二段2000.01.14
  於之瑩(ウィ・ズィン)五段1997.11.23
  王晨星(ワン・チョンシン)五段1991.07.15

 
  ソウル
  申真谞(シン・ジンソ)五段2000.03.17
  李東勛(イ・ドンフン)五段1998.02.04
  羅玄(ナ・ヒョン)六段1995.01.30
  卞相壹(ビョン・サンイル)四段1997.01.14
  金明訓(キム・ミョンフン)三段1997.04.07
  申旻埈(シン・ミンジュン)三段1999.01.11
  朴志娟(パク・ジヨン)四段1991.05.17
  李瑟娥(イ・スラ)四段1991.11.20

 
  東京
  伊田篤史八段1994.03.15
  一力遼七段1997.06.10
  本木克哉七段1995.08.02
  孫喆四段1996.05.14
  許家元三段1997.12.24
  佐田篤史二段1995.12.24
  藤沢里菜三段1998.09.18
  木部夏生初段1995.08.11

 
  台北
  王元均(ワン・ウォンジュン)七段1996.03.14
  林君諺(リン・ジュンエン))六段1997.11.26
  林立祥(リン・レイシャン)六段1993.09.07
  林士勛(リン・スジュン)五段1997.07.12
  陳祈睿(チェン・ジルイ)三段2000.06.15
  楊博崴(ヤン・ボウェイ)五段1998.01.03
  俞俐均(ユ・リージュン)初段1999.04.29
  蘇聖芳(ソ・ソンバン)二段1996.08.05


月刊碁ワールド 2016年 02 月号 [雑誌]

日本棋院 2016-01-20
売り上げランキング :
by ヨメレバ
NHKテキスト 囲碁講座 2016年 03 月号 [雑誌]

NHK出版 2016-02-16
売り上げランキング :
by ヨメレバ


おすすめ記事セレクション