タイゼム - 大韓民国1位囲碁サイトTYGEM.COM
"ジョンファンが譲歩したようだ"名人イ・セドル インタビュー
第43期名人戦決勝五番勝負でパク・ジョンファンに3-1勝利おさめたイ・セドル インタビュー

 181358main77
▲ "ジョンファンが譲歩したようだ(笑)。"名人戦通算四回目の優勝をしたイ・セドルが囲碁TV生放送インタビューをしている(イ・セドル インタビュー動画を記事下段で鑑賞することができる).
 

年初韓国囲碁界を熱い雰囲気にさせたパク・ジョンファンvsイ・セドル'都合八番勝負'(名人戦決勝五番勝負、KBS囲碁王戦決勝三番勝負)でイ・セドルが判定勝ちをおさめた。

7連戦を行った両雄の相手戦績はイ・セドル基準4勝3敗. 始めるやいなやイ・セドルが3連勝をおさめる時までだけでも二つのタイトル全てイ・セドルの手中に入るようだったが、'ダブルヘッダー'で行われたKBS囲碁王戦決勝2,3局でパク・ジョンファンが続けざまに勝利して先に優勝トロフィーを占めて流れが変わった。

昨日(20日)3局で崖っぷちに追い込まれていたパク・ジョンファンが反撃に成功して中間戦績1-2で追撃を始め、今日広がった決勝4局もまた、中盤まではパク・ジョンファンが優勢な形勢.

このまま明日(22日)行われる最終局まで行くことになるならば、勢いに乗ったパク・ジョンファンが大逆転勝ちをするのではないかという話がちらほら出てきた頃、イ・セドルが特有の'揺さぶり'をリリースした。

右中央で二目の頭をハネる手をのがした以後非勢にに陥ったイ・セドルは時を待って機会を狙った。 序盤はやい着手速度で今日の対局中ずっと時間で優位にあったパク・ジョンファンが秒読みに入ったまさにその時点、しばらく前から秒読みで打っていたイ・セドルは猛烈に時間攻撃をしながらパク・ジョンファンを固め打ちした。

勝負所になった中央接戦でイ・セドルの嵐のような揺さぶりが登場し、パク・ジョンファンの一手に狂いが生じてあっという間に要石だった中央白二子が捕えられてしまった。

危機を感じたパク・ジョンファンが先手を選んで右上隅黒陣営を攻略した時、イ・セドルが'フィニッシュブロー'となった鼻付けのよい手をリリースして勝負を終えた。

これで早碁戦のKBS囲碁王戦を渡したが'真剣勝負'であった名人戦で優勝したイ・セドルは年初大激突の勝者になった。  

 
●イ・セドル○パク・ジョンファン
 
イ・セドルは黒1で二目の頭をハネることができる機会をのがした事を後悔した。 パク・ジョンファン(白)がここを逆にノビることになった後にはずっと白が有利な形勢であった. 局後イ・セドルは"コミ以上は損をした"と話した。

181446kibo1

▲ "二目の頭をなぜハネなかったのだろう?"イ・セドル(左側)が一番最初に示したところ。



名人戦通算四回目の優勝をしたイ・セドルに会って所感を聞いてみた。


優勝おめでとう.名人戦通算4回の優勝なのだが、所感は?
 
パク・ジョンファン先生が譲歩したようだ(笑). 意味のある勝利であるようでうれしい。
(パク)ジョンファンがコンディションがあまり良くなかったようだが、はやく回復して今年は世界大会で良い成績をおさめる事を期待する。 もちろん私も最善を尽くすだろう(笑).

今日の囲碁を総評するならば?
 
序盤から良くなかった。 二目の頭をハネなくては事実上終わった囲碁だった。 コミ以上は損をしなかったか…そうしては事実勝つことはできない形勢であった。 中央で要石を捉えた以後には互いに難しい形勢になり、最後に右中央で鼻付けの要所を置く時には勝ったと思った。

今年は応氏杯を含んで世界大会がたくさん開かれる。覚悟を一言聞きたい。
 
事実昨年には三星火災杯と夢百合杯など優勝機会がたくさんあった。 三星火災杯時はコ・ジェに対してよく分からない状態で戦って、夢百合杯時は正直自信があった。 私が有利ではないかと考えたが(笑)結局敗れたので…今年はまだ世界大会が始まってないのでまだ確実に申し上げる言葉がない。
 


原文記事:タイゼム - 大韓民国1位囲碁サイトTYGEM.COM 



おすすめ記事セレクション
お知らせコーナー

囲碁4コマ漫画「クロセンシロシ」Kindle版販売中!

クロセンシロシ[Kindle版]

nitro15 2015-12-10
売り上げランキング :
by ヨメレバ


LINE囲碁スタンプ販売中!
250