ハンゲーム - 楽しい、カンマ、Goハンゲーム!
[中国のニュース]コ・ジェ、世界大会賞金だけ10億ふわりと

コ・ジェ、1年間国際舞台で10億ウォン以上稼いで 
国内棋戦合わせれば13億ウォン以上…歴代中国棋士最高

世紀の対決で優勝カップを上げたコ・ジェは"イ・セドル9段との勝負は先んじた三星火災杯決勝の時よりはるかに難しかった"として"コンディションが良くなかったが運が良かった"というインタビューを残した。 

去る5日終わった第2回夢百合杯世界囲碁オープンを制覇したコ・ジェ9段には多くの戦利品も抱いた。 一月の間、二つの世界大会(三星火災杯・夢百合杯)を連続して優勝し、保有中である百霊杯とともに世界3冠王にのぼった(国内棋戦含むと5冠王). 

二つの世界大会を連続制覇することは2011年イ・セドル(BCカード杯と春欄杯連続優勝)以後4年6ヶ月ぶりであり、世界3冠王は2010年コン・ジェ以後5年6ヶ月ぶりだ。 史上最年少世界3冠王の地位も享受した。 これもまたイ・セドルが持っていた記録を4年も操り上げたものだ。

 0112-k3
▲夢百合杯優勝を加えて史上最年少世界3冠王に上がったコ・ジェ9段は獲得賞金でも'大当たり'を放った。


巨額の賞金も握った。 2015年1月14日百霊杯優勝から2016年1月5日夢百合杯優勝まで1年間世界大会賞金だけで10億ウォンを超えた。 百霊杯と夢百合杯優勝賞金がそれぞれ180万中国元(約3億2400万ウォン),三星火災杯優勝賞金が3億ウォンだ。 この3つの大会を合わせれば9億4400万ウォン.

ここに金竜城杯団体戦準優勝で約4700万ウォン、LG杯8強進出で1400万ウォンを取得した。 ここまでを合算すれば10億ウォンを越える。 それだけではなく国内棋戦棋王戦とリコー杯も優勝し、自国の世界大会優勝経歴者どうし競った白雲山杯(非公式戦)も優勝も彼の持分だった。

まだある。 中国の囲碁リーグである甲級リーグでチームは3位に終わったが最優秀棋士賞と人気賞を受賞した。 あれこれ賞金までを全て合わせれば760万中国元ぐらい(約13億6000万ウォン)になることと中国の囲碁メディアが推算している。

0112-kp

■柯潔九段獲得賞金

国際戦
2016年01月 第2回夢百合杯     優勝        180万元
2015年12月 第2回金竜城杯     準優勝       80万ウォン÷3
2015年12月 2015三星杯       優勝        3億ウォン
2015年11月 第20回LG杯      8強         1400万ウォン
2015年07月 第5回両岸冠軍戦   準優勝       12万元
2015年06月 2015韓中未来天元戦 優勝        5000万ウォン÷5
2015年03月 第16回阿含桐山杯  優勝        27.6万元
2015年01月 第2回百霊杯      優勝        180万元

国内戦
2015年12月 中国甲級リーグ     16勝        80万元
2015年12月 中国甲級リーグ     MVP+人気賞  15万元
2015年11月 第11回棋王戦     優勝        15万元
2015年08月 白雲山杯         優勝         18万元
2015年04月 第15回リコー杯    優勝         30万元



年間賞金収入10億ウォン以上は韓国でも珍しい(韓国棋院の賞金統計は年を越して優勝した大会は翌年収入に反映するのでコ・ジェの賞金総額に夢百合杯優勝賞金は除く). 

イ・チャンホが2001年に10億1940万ウォンで10億ウォンを最初に突破し、イ・セドルは2014年に十番勝負優勝で9億9000万ウォンを取得するなど合計14億1000万ウォンを稼いでその年プロ棋士世界賞金王に上がったことがある。 2015年国内賞金王は8億1300万ウォンを稼いだパク・ジョンファンだ。 

 0112-k4
▲コ・ジェは優勝賞金5億ウォンの農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦(団体戦)出場を控えている。

 

一方日本の井山裕太は2013年に1億6461万円(当時為替レートで約17億ウォン)に達する賞金と対局料収入を上げて現在までプロ棋士のうちの年間最多賞金として残っている。

それならコ・ジェが実質的に手に握るお金はどれ程になるのか. 中国メディアでは430万中国元(約7億7000万ウォン)程度だと推定する。 国家に出す税金、また、賞金の一部は国家体育総局などに配分されるためだということだ。

一方韓国棋士は外国主催の世界大会の場合には先にその国税法が適用されて(中国の場合、20%),韓国棋院が一定額(棋院公認料と棋士会基金)を控除している。 
原文記事:ハンゲーム - 楽しい、カンマ、Goハンゲーム! 


おすすめ記事セレクション

【人気記事まとめ】当ブログの年間人気記事ランキングTOP10(2015年分)

【韓国話題】中国囲碁が強い本当の理由

【日本話題】張栩が台湾に行った理由は? 

人気記事ランキング

【日中阿含桐山杯】井山裕太が日本の12連敗を止める 

【韓国話題】趙治勲とロッテグループ会長シン・ギョクホ‘50年縁’ストーリー

【韓国話題】2015囲碁大賞のステージをひきつけた'プロ棋士少女時代'