世界コンピュータ囲碁優勝「石風」は、アマ5段の実力

htm_201511261638402678
‘DolBaram’開発者イム・ジェボム代表は“9路盤に続き19路盤もコンピュータが人に勝つだろう”と話した。 [クォン・ヒョクチェ写真専門記者]


日本の「zen」を破った開発者イム・ジェボム
「1秒に3万回の場合の数を計算
感情・気分に揺れない
人と対局に勝つ日が来るだろう」

htm_201511261643121492
 ミリンバレー杯世界コンピュータ囲碁決勝戦でイム代表(右側)が日本‘zen’の開発者尾島陽児とともに‘DolBaram’の対局状況を見守る姿. [クォン・ヒョクチェ写真専門記者]

 
1997年IBMのスーパーコンピュータ ディープブルー(Deep Blue)はチェス ゲームで当時世界チャンピオンだったガルリ・カスパロフを破った。 2011年にはスーパーコンピュータ ワトソン(Watson)がアメリカ テレビ クイズショー‘Jeopardy’でクイズ王たちをはね除けた。 だが、囲碁だけは例外であった。 囲碁はコンピュータが人間を追い抜くことはできない難攻不落の要塞であった。

 このような通念が破られる日が来るのか。 人工知能コンピュータの囲碁の実力が恐ろしい速度で発達している。 その中で最高峰は韓国の‘DolBaram’. 棋力はアマ5段程度だ。 プロ棋士に4子を置いてきっ抗した対決を行う。

 ‘DolBaram’は去る10~15日中国で開かれた第1回ミリンバレー杯世界コンピュータ囲碁トーナメントで優勝した。 韓国・中国・日本・台湾・アメリカ・フランス・チェコなど7ヶ国9つのチームが参加した今回の大会で‘DolBaram’は日本の強豪‘zen’を破って優勝カップを握った。

‘DolBaram’と碁を打った中国のレン・シャオ(連笑) 7段は“とうていコンピュータ 囲碁だとは信じられないほどの実力”としながら“特に上辺の攻め合いと下辺の両コウに対応する手を見て驚いた”と評価した。 ‘DolBaram’開発者イム・ジェボム(45)代表に会ってコンピュータ囲碁に対する話を聞いてみた。

 

-いつから囲碁プログラムを開発したか。

 “大学を卒業した後ハンメソフト ユーゴー囲碁などでネットワーク サーバープログラマーとして仕事をした。 囲碁が好きで1997年‘パドゥギ’というプログラムを開発したが‘パドゥギ’の棋力がアマ初段にもならなかった。 当時はこれ以上棋力を高めるのが難しいとみてあきらめた。”

-再び挑戦したきっかけは。

 “2012年日本の囲碁プログラム‘zen’を知るようになった。 私が不可能だと感じたアマ4~5段実力を備えていた。 刺激を受けて私も再びやってみなければと考えた。”

-‘DolBaram’プログラムを作る時プロ棋士と協業したか。

 “いいえ。 私の棋力が7級程度なのだが全面的に一人で作った。 プログラム開発と囲碁の実力は何の関係もない。”

-‘zen’でヒントを得たか。

 “そうだ。 ‘zen’はモンテカルロ(Monte Carlo)方法を基盤とする。 これを参照してプログラムの機能をより最適化して効率化するのに努力した。 特に悪手を置く確率を低くする方向でプログラムを整えた。”

-モンテカルロ法に対して説明すると。

 “模擬対局でデータを集めた後、統計的により良い手を探すことだ。 コンピュータは1秒に3万回まで場合の手を数えることができる。 いくらランダムだといっても無数に多くのデータが積もればその中で最も良い手を捜し出す確率が高まる。”

-確率の戦いなら対局により棋力偏差がある。

 “もちろん対局により棋力が少しずつ変わることがある。 だが、人も碁を打つ時失敗をしないか。 ‘DolBaram’もその程度の偏差だと見れば良い。”

- ‘DolBaram’の弱点は何か.

 “人は碁を打つ時必要な部分を離して集中することができる。 だが、コンピュータはモンテカルロ法を基盤として見たら毎度碁盤全体に対する場合の手を計算する。 選択と集中をできないから読みが分散して確率的に失敗が出てくることがある。”

-それなら強みは何か.

 “感情に振り回されないということだ。 人は気持ちにより価値判断を正しくすることができない時がある。 だが、コンピュータはこのような部分では大きく有利だ。”

-コンピュータが人に勝つ日が来るか。

 “現在モンテカルロ法では完全に追いつくのは難しい。 全く新しい方式が出てこなければならない。 いつになるかわからないがコンピュータが人間に勝つ日が必ずくると思う。 そのプログラムを自分の手で作りたい。”

-コンピュータが囲碁まで征服すれば残念なようだ。

 “かと言って囲碁の固有な価値が変わる事はないのではないか。 このように単純な規則で複雑な対局を作り出すことができるゲームは囲碁のほかはない。”

文=チョン・アラム記者aa@joongang.co.kr
写真=クォン・ヒョクチェ写真専門記者
原文記事:世界コンピュータ囲碁優勝「石風」は、アマ5段の実力

関連記事

【ミリンバレー杯】世界コンピューター囲碁トーナメントエキシビションマッチ連笑vsDolBaram三番勝負棋譜まとめ151115 : 【nitro15】  

【韓国話題】Googleの人工知能vs人間、対決実現?グーグルのエンジニア、囲碁対決示唆 : 【nitro15】 

【韓国話題】趙治勲9段に4子で勝つ囲碁プログラムご存知ですか? DolBaram製作者イム・ジェボム氏インタビュー : 【nitro15】