ユ・チャンヒョク“国家代表チーム巡航? 緊張を緩めてはならない” 

三星火災杯現場で国家代表チーム現地訓練導くユ・チャンヒョク監督インタビュー

001-yooc


韓国囲碁国家代表チームは巡航している。 

2013年一年中国が6個の世界大会個人戦を席巻する間、韓国は一度の優勝もなかった。 危機であった。 2014年5月7日韓国は一時的に運営された国家代表チームを常設化して腰の周りをぴたっと引き締めた。 名実共に常備軍として作った。 

早期にライバル中国と均衡を取り戻すだろうと期待する事は殆どなかった。 国家代表チーム ユ・チャンヒョク監督は“少なくとも3年が必要で安定化されるには10年はかかるだろう”とした。 しかし出港して1年半に成っていく今、国家代表チームの躍進は眩しい。 

国家代表チームは2015三星火災杯ワールド囲碁マスターズ本戦16強・8強が広がる現場で現地訓練(文化体育観光部後援)に来た。 国家代表チームおよび育成軍は実戦検討・リーグ戦・体力訓練などをしながら5日から連日忙しい日程を消化している。 16強と8強間である10月7日国家代表チーム ユ・チャンヒョク監督に会って国家代表チームの現在、そして今後の課題を聞いてみた。 

 

-大会場である日産雪門洞(ソルムンドン)‘サムスン火災グローバルキャンパス’に来てみてどうですか? 
 
“施設が立派だ。 何よりも韓国棋院とも近くて棋士にとっても好ましい。” 

-今回の三星火災杯16強戦結果を評価すると? 
 
“パク・ヨンフン、キム・ジソク選手のようなエースが落ちて残念だった。 良い内容を見せたイ・チャンホ選手が逆転負けされたのが残念だった。 ビョン・サンイル選手とキム・ドンホ選手が期待よりもっと上手くやった。”

- 8強戦、予想すると? 
 
“ス・ウェ選手とイ・セドル選手は優勢だ。 パク・ジョンファン-タン・ウェイシン対局はパク・ジョンファン選手が若干優勢だ。 コ・ジェ選手はほとんど負けるところが見られないほど勢いが良い。 囲碁ファンたちはパク・ジョンファン、イ・セドル、ス・ウェ、コ・ジェ選手が4強に上がると見ているだろう。” 

-韓国囲碁と中国囲碁の形勢は? 
 
“上位圏は5対5だ。 しかし後を支える腰層と新鋭、そして研究生は中国にたくさん遅れている。 格差が小さくない。 今よりはるかに努力をしてこそ中国と均衡を合わせて行けるはずだ。 女流側は、以前には中国が若干優勢だという観測が多かったがちょっと変わった。 女流棋士が熱心に努力した。 個人的に、今は私たちの女流棋士がちょっと優勢だと考える。”


-最近おかげ杯優勝などをはじめとして国家代表チームの相次いだ成果に対する好評が出てくる。 
 
“どんな訓練をしているのかよりは一緒に訓練をするという自体が重要だった。 プロ棋士が各自自由に生きて今は管理されている。 また‘国家代表チーム’という名前を付けて新しく始めるという雰囲気で意欲もあふれた。 何か限界に至っていてそれを破ったのだ。 上位圏選手たちがそれを基に成績をよく渡し、それで自信が上昇した。 その力を新鋭・女流棋士も受けた。”

-私たちの国家代表チームの成長速度は? 
 
“とてもはやい。 勉強をして増えたというにはとても短い期間だ。 安定的に持続するのか分からない。 緊張を緩めてはならない。”

-中国には2013年以後顕著な発展を見せることができない事に対して自省の声が出てくる。世界タイトルを取り出した幼い棋士に対しては目標を失ってさまよっているという分析が出てくる。 
 
“中国は国家代表チームを私たちよりはるかに早く始めた。 国家代表選手だけがトーナメント棋士のような雰囲気があるほど中国国家代表チームの地位が高い。 しかし永らく運営されて見たら惰性に慣れたりもするだろう。 また、中国は私たちを完全に越えたと考えた。 選手も、関係者も、ファンたちも同じだった。 韓国選手たちに会えば軽く見るような感じすらした。 しかし近ごろ中国はそうでなかったことを悟って緊張している。 私たちも気をしっかり持たなければならない。”

-私たちの国家代表チームの今後の課題は? 
 
“ちょっと申し訳ない話だが、パク・ジョンファン、キム・ジソクなど超一流棋士の後に続く棋士が思ったよりはやく成長することができずにいるのが現実だ。 しかし皆誠実に訓練して臨んでいるので早く発展するものと信じる。” 

-中国棋士のうち警戒するほどの選手たちは? 
 
“ス・ウェ、コ・ジェ選手だ。 パク・ジョンファン選手と敵対する選手はその二人程度だ。 そのうちのコ・ジェの発展速度があまりにもはやくて威嚇的だ。 常昊や古力選手が出てきた時よりさらに強烈で、中国もコ・ジェに熱狂している。 中国関係者たちもやはりコ・ジェ選手の成績に最も関心が多い。” 

-キム・ジソク選手の不振は? 
 
“心理的な部分ではないか。 まだメンタルが強くない。 成績に対する負担を持つようだがそれはマイナスとして作用する。 世界大会優勝をするほどの強者なので自ら解決しなければならない問題だ。 早期に克服するものと見る。”  
原文記事:ユ・チャンヒョク“国家代表チーム巡航? 緊張を緩めてはならない”