ハンゲーム - 楽しい、カンマ、Goハンゲーム! 

[おかげ杯]イ・ドンフンが太極マークを固辞した理由は?

2015おかげ杯国際新鋭囲碁対抗戦代表確定 
ユン・ジュンサン、イ・ジヒョン、アン・ククヒョン、チェ・ジョン、オ・ユジン出場

日本が主催する新鋭大会であるおかげ杯が今年二回目の大会を開催する。 おかげ杯は韓国、中国、日本、台湾間の4ヶ国団体戦で世界大会優勝経歴者を除いた30才以下(1985年以後出生者)の棋士が出場する。 公式名称は'2015おかげ杯国際新鋭囲碁対抗戦'.

選手構成はチーム当たり5人. そのうち2人は女流棋士とする(前期にはチーム当たり3人、女流1人). 前期に比べて出場選手を増やし賞金を増額した。 優勝450万円(約4200万ウォン),準優勝150万円(約1400万ウォン),3位100万円(約930万ウォン),4位75万円(約700万円)だ。 前期の優勝賞金は270万円だった。

韓国代表はユン・ジュンサン(28)イ・ジヒョン(23)アン・ククヒョン(23)チェ・ジョン(19)オ・ユジン(17)で構成された。 ユン・ジュンサンとチェ・ジョンはランキングシード(7月ランキング基準)で自動出場権を取得し、イ・ジヒョンとオ・ユジンは国家代表チームで選ばれた。 また、アン・ククヒョンはランキング上位者4人が行った選抜戦を通過した。 

 0812-o1
▲囲碁リーグ出場で世界新鋭大会出場権を固辞したイ・ドンフン5段.

特記する点はシードで代表チームに直行できるのにも太極マークをさておいて、また選抜戦に出場できる資格を持ったところでも不参加を通知した棋士が多かったとのことだ。

イ・ドンフンはランキングシードで本戦に直行できたのに固辞した。 理由は囲碁リーグ出場のため. 偶然にも囲碁リーグ最終18ラウンド競技とおかげ杯日程がかみ合っている。 

イ・ドンフンが2指名で属しているTブロードは強力な優勝候補と評価されて現在4位にランクされている状況. 4位まで占めることになるポストシーズン進出権が不透明で当初おかげ杯参加申し込みをしておいた主戦力イ・ドンフンに了解を求めた。

 0812-o2

▲アン・ククヒョン5段(右側)は12日開かれた4人の選抜戦でパク・スンファ6段とキム・ジョンヒョン5段(左側)を順に破った。

この他もナ・ヒョン、アン・ソンジュン、キム・スンジェは選抜戦出場資格を持ったが不参加意思を明らかにした。 このような事情で選抜戦には差順位棋士であるアン・ククヒョン、キム・ジョンヒョン、パク・スンファ、ホ・ヨンホで代替された。

これらの歩みもイ・ドンフンと同じように囲碁リーグ所属チーム事情と無関係ではない。 ナ・ヒョン、アン・ソンジュン、キム・スンジェは現在の所属チームがポストシーズン競争を激しく行っている状況であり、アン・ククヒョン、キム・ジョンヒョンは事実上所属チームがポストシーズンに進出する可能性が希薄だ。 また、ホ・ヨンホが属したキックスは18ラウンド休戦だ. 

 0812-o3
▲アン・ククヒョン5段.

4ヶ国間の本戦大会は日本、三重県、伊勢市で10月1日開幕式を持って2~3日チーム リーグ戦を行う。 万一、3回戦終了後同率チームが発生する場合の順位決定方法は別に決める。 

制限時間は別に与えず1手 30秒、途中1分考慮時間10回を使うことができる。 他の方式で行った前期大会ではナ・ヒョン、キム・ジョンヒョン、パク・チヨンの韓国がチーム リーグ戦で2位を占めた後中国と繰り広げた1位決定戦でナ・ヒョンがコ・ジェを破って頂上に上がった。 
 
原文記事:ハンゲーム - 楽しい、カンマ、Goハンゲーム! 

ーー

ユンジュンサン·イ·ジヒョン·アングクヒョン·チェジョン·オユジン、新鋭の国際戦「おかげ杯」の代表に 

KBA_1196-horz