タイジェム - 大韓民国1位囲碁サイトTYGEM.COM 

中国コ・ジェ、日本井山裕太撃破
コ・ジェ勝利で日中阿含桐山杯中国12連続優勝達成
 
1715714263175802611387
 
▲コ・ジェ(勝ち)-井山裕太. 郷に入っては郷に従う! コ・ジェ(左側)が日本方式により正座で対局に臨んだのだが良い内容で勝利した。 

18才世界タイトル ホルダーコ・ジェが日本第一人者井山裕太を制圧した。

14日日本京都で広がった第16回日中阿含桐山杯で中国阿含桐山杯優勝者コ・ジェ(18)が日本優勝者井山裕太(26)を合って146手で白中押し勝ちをおさめて中国の大会12連覇を導いた。 今回の対局は二人の初めての公式対決だった。 勝利したコ・ジェは中国12連続優勝を決定して同時に優勝賞金500万円(約4600万ウォン)を占めた。 

対局を控えて立会を引き受けた'宇宙流'武宮正樹が各自秒読み30秒で一手を置かなければなければならないと公示するとすぐに通訳を受け持った中国棋院ワンがもう一度秒読み時間を確認した。 なぜなら去る大会までは各自60秒で一手を置く方式であったのだが今回から30秒に変わったのを中国にあらかじめ通知しなかったためだ。 

今回の大会を控えて井山裕太は農心杯でミ・ウィティン、 キム・ジソクと対局を行い、日本棋聖戦挑戦6局では挑戦者山下敬吾に敗れるなど強行軍を行っていて心身が疲れる状況だった。 遠征競技に乗り出したコ・ジェは井山裕太より8才年下で体力的な面では大きな問題がなかった。 

2010年から日本側は日本が主催する対抗戦試合が日本で行う場合、中国棋士も日本伝統により正座で置くことを要求したことがあって古力が一回置いたことがあった。 

当時古力は試合が終わった瞬間ほとんど立ち上がることはできないほどだったとの所感を明らかにしたことがある。 コ・ジェはこれに対して"練習して一時間程度正座で座ってみたが起きる時めまいがしたし足もしびれた。 正座で座って置くのは私には大きい挑戦だ"と話した。 幸いコ・ジェと中国関係者たちが憂慮したこととは違ってコ・ジェは146手で早く勝負を決定して無事に対局を終えた。 

コ・ジェと井山裕太は今回が初めての公式試合だ。 だが、二人は今回の対決を控えてインターネット対局を通じて二対局を置いたことがあるのだが全て井山裕太が勝利をおさめたことがある。 この二対局は全てコ・ジェが世界大会優勝をする直前に置いた対局だった。 だが、初めての公式対局ではコ・ジェが笑った。

井山裕太は対局前日行ったインタビューで"日本が阿含桐山杯で11連続敗北にあって最多連敗に陥ったが明日心機一転して転換の機会にする"と臨戦所感を明らかにした。 だが、日本第一人者井山裕太でも日本の連敗の鎖を切ることができなかった。 

敵陣に飛び込んだコ・ジェは"井山裕太は日本最強者で実力がとても強い。 インターネットでも彼に学んだ事がある。 だが、実際に打ったことがないので明日大きい失敗をしないことを願って良い棋譜を残す"と臨戦所感を明らかにしたことがある。 

 1745814141398843569807
▲中国の阿含桐山杯優勝トロフィーを持ち上げたコ・ジェ.
 
13 

--

阿含中日对抗赛柯洁屠龙胜井山 助中方12连胜_综合体育_新浪竞技风暴_新浪网  (※リンク先音注意)

  届数 冠军 亚军

  第16届 柯洁 井山裕太

  第15届 连笑 村川大介

  第14届 古力 张栩

  第13届 朴文垚 井山裕太

  第12届 邱峻 山下敬吾

  第11届 孙腾宇 羽根直树

  第10届 古力 张栩

  第9届 刘星 张栩

  第8届 刘星 张栩

  第7届 古力 井山裕太

  第6届 周鹤洋 羽根直树

  第5届 古力 加藤正夫

  第4届 赵治勋 俞斌

  第3届 赵善津 刘菁

  第2届 赵善津 周鹤洋

  第1届 小林光一 马晓春 
--


2014/07/31

52 



2014/04/10

47