イ·ドンフン、囲碁王登極 

イ・ドンフン、囲碁王登板
総合成績2-0でパク・ジョンファン折ってKBS囲碁王戦優勝
 
001_kbs2w
 
▲イ・ドンフンが囲碁王に上がって生涯初めて優勝した。 相手は韓国ランキング1位パク・ジョンファンだった。


イ・ドンフン4段が囲碁王に登板した。 

23日汝矣島(ヨイド)KBSスタジオで繰り広げられた第33期KBS囲碁王戦決勝3回戦第2局でイ・ドンフンは黒でパク・ジョンファン9段に中押し勝ちし総合成績2-0で優勝した。 生涯初優勝だ。 去る1局でもイ・ドンフンは白で中押し勝ちした。 

局後イ・ドンフンは“1局時は序盤からうまく解決した。今回の2局は中盤入り口まで互いに侮れなかったがフリカワリ以後勝勢になった。”と明らかにした。今回の勝利でイ・ドンフンはパク・ジョンファンとの相手戦績を2勝3敗にした(今回の決勝シリーズ前までは3連敗していた). 

イ・ドンフンの今回の優勝は17才2週5日の年齢で成し遂げたことで入段(2011年5月)から3年9ヶ月6日の成果だ。 韓国ランキングは11位. 規定により昇段もして5段になった。 韓国棋院は賞金序列4位以下棋戦で優勝する場合、一段昇段させている。

優勝賞金は2000万ウォン、準優勝600万ウォン. 二人(優勝&準優勝者)は第27回TV囲碁アジア選手権大会に韓国代表で出場する資格を得た。 

[520173]001_kbs2wyy

▲決勝2局が終わったばかりである時点. 総合成績2-0で優勝を確定したイ・ドンフン(右側)が盤上の一箇所を手ぶりで示してパク・ジョンファンと勝負所を振り返っている。



[520173]017_kbs2
[520173]001_kbs2

▲汝矣島KBS新館地下1階TS-11スタジオで囲碁王戦決勝戦が繰り広げられた。

[520173]002_kbs2

▲コーヒー一杯を飲んだ後スタジオ対局室に入ってきているパク・ジョンファン.

[520173]004_kbs2

▲イ・ドンフンが、普段好んで着る青い色のコートを着てスタジオに到着した。

[520173]005_kbs2

▲生涯初優勝を狙うイ・ドンフン. メガネを直してかけて対局を準備している。

[520173]006_kbs2

▲忙しいKBS囲碁王戦スタッフ.

[520173]007_kbs2

▲ KBS囲碁王戦の制限時間は5分. 秒読みは30秒5回を与える。 適切な放送分量を提供する秒速棋が特徴だ。

[520173]010_kbs2

▲ 1局と順序を変えてイ・ドンフンの黒番.

[520173]011_kbs2

▲着手するパク・ジョンファンの手も物静かだ。

[520173]012_kbs2

▲今回のシリーズはパク・ジョンファン優勢説が力を増していたが結論はイ・ドンフンの勝利であった。 2-1でなく2-0というスコアも驚くべきだ。

[520173]013_kbs2

▲ ‘生涯初めて’のような文面は負担を呼びおこす修飾語だ。 こういう大きい対局ではどれくらい淡々と臨むかがカギだ。 幼い年齢であるのにイ・ドンフンはとても冷静な対局態度を見せた。

[520173]014_kbs2

▲通算3回囲碁王戦で優勝したことがあるパク・ジョンファン. 2014年32期時はイ・セドル9段と正面対立して準優勝したし33期に再び決勝に上がって絶好の機会をむかえたが再び準優勝に留まった。
 
ハンゲーム - 楽しいカンマ、Goハンゲーム! 

[囲碁王戦]イ・ドンフン、ランキング1位パク・ジョンファン折って初優勝

0223-kbs1
 
▲ 17才新鋭イ・ドンフン4段(右側)が不動のトップランカーパク・ジョンファン9段を2-0で折って生涯初優勝を成し遂げた。17才19日であり、入段後3年9ヶ月の優勝だ。
 

第33期KBS囲碁王戦決勝3回戦第2局 
イ・ドンフン、パク・ジョンファンを2-0で折って初優勝

十七才の新鋭イ・ドンフン4段が2015年はじめにプロ初優勝を成し遂げる感激を享受した。 イ・ドンフンはパク・ジョンファン(22) 9段と競った第33期KBS囲碁王戦決勝3回戦を2-0で勝利した。

去る6日開かれた決勝1局を184手で白で中押し勝ちしたイ・ドンフンは23日午後汝矣島(ヨイド)KBSスタジオで続行された決勝2局でも187手で黒中押し勝ち、総合成績2連勝で待望の覇権を占めた。

KBS囲碁王戦は国内唯一の地上波放送棋戦で制限時間5分、秒読み30秒5回に進行される秒速棋戦. イ・ドンフンは三回目出場である今回の大会に主催社推薦シードで本戦から出てリュ・ミンヒョン、チェ・チョルハン、ユン・チャンヒ、イ・セドルを連破して勝者組決勝に上がった。

峠もあった。 勝者組決勝で会ったパク・ジョンファンによってブレーキがかかったこと。 だが、敗者復活戦を置いているKBS囲碁王戦システムが彼に起死回生の機会を与えた。 そして敗者組最終戦でユン・チャンヒを半目で押してタイトル戦舞台を踏んだ。 

 0223-kbs2
▲囲碁王戦優勝したイ・ドンフンは規定により5段に昇段する。

イ・ドンフンの優勝は総合棋戦はもちろん新鋭棋戦をあわせてでも初めてだ。 2011年5月、13才3ヶ月の幼い年齢で入段した後、韓国囲碁の次世代有望株として期待をたっぷり受けてきたが優勝とは縁がつかなかった。 

入段した年、新人王戦準優勝、その翌年農心杯代表で早くから可能性を育てたイ・ドンフンは2013年に一度さらに新人王戦準優勝を加えたのに続き室内無道アジア競技大会男子団体戦金メダル、進んで2014年には総合棋戦である名人戦で準優勝だった。 囲碁リーグ チャンピオン決定戦では最終戦の最終走者でチーム優勝を決定する度胸も見せてくれた。

生涯初優勝を最強パク・ジョンファンを相手におさめたということにも意味が大きい。 パク・ジョンファンは15ヶ月連続国内ランキング1位を占めていて、去る12日には世界大会であるLG杯優勝カップを上げた世界最強の棋士だ。 囲碁王戦でも29~31期3連覇をはじめとして今期まで5連続決勝に上がったパク・ジョンファンである。

0223-kbsp


局後に挙行された授賞式で優勝トロフィーとともに2000万ウォンの賞金を受けたイ・ドンフンは"決勝戦のために精神的にたくさん準備した。 さらに熱心に勉強して国内大会はもちろん世界大会でも良い成績をおさめる"という所感と抱負をいった。 決勝戦連勝でパク・ジョンファンとの相手戦績は2勝3敗でぴたっと狭めた。

一方決勝戦を行ったイ・ドンフンとパク・ジョンファンは今年の夏、韓中日のTV棋戦優勝・準優勝者間で雌雄を競う第27回TV囲碁アジア選手権大会に韓国代表で出場する。

■決勝3回戦結果
対局 勝者 敗者 結果
第1局 2月06日    ○イ・ドンフン4段    ●パク・ジョンファン9段     184手,白中押し勝ち
第2局 2月23日    ●イ・ドンフン4段    ○パク・ジョンファン9段     187手,黒中押し勝ち



 0223-kbs11
▲イ・ドンフン(黒)-パク・ジョンファン.イ・ドンフンが勝機を捉えた局面だ。

 0223-kbs14
▲決勝戦で2勝を加えたイ・ドンフンはパク・ジョンファンとの相手戦績を2勝3敗でぴたっと狭めた。

 
 
 0223-kbs15
0223-kbs16
0223-kbs3
▲イ・ドンフンには2000万ウォン、パク・ジョンファンには600万ウォンの賞金がそれぞれ授与された。授賞者はパク・ウォンチョルKBSスポーツ中継部長.

 0223-kbs12
▲イ・ドンフンは昨年12月から10勝1敗で好調だ。現在5連勝中である今年戦績は5勝1敗.

 0223-kbs13
▲今年に入って国手戦とLG杯を優勝したパク・ジョンファン.GSカルテックス杯でチン・シヨン(25位),マキシム杯でパク・ジョンサン(34位),囲碁王戦でイ・ドンフン(11位)に敗れて今年戦績は7勝6敗になった。

 0223-kbs18
▲イ・ドンフンは"世界大会でも良い成績をおさめる"という覚悟をいった。

 0223-kbs19
▲ 95年生まれ2冠王ナ・ヒョン6段(物価情報杯と天元戦)に続きまた、一人の'95後チャンプ'で誕生したイ・ドンフン5段.現在11位であるランキングは1位パク・ジョンファンを続けざまに折ることによって10位圏再進入が有力だ。