キム·ジソク、天元戦8強進出 

パク・ヨンフン相手に時間勝おさめて
 
141026-cw-07
 
▲ 26日午後2時からキム・ジソクとパク・ヨンフンの16強対決が広がった。


10月26日K囲碁スタジオで開かれた第19期バッカス杯天元戦16強でキム・ジソク9段がパク・ヨンフン9段を相手に113手で黒時間勝ちで8強に進出した。 

パク・ヨンフンの時間負け秒読み規定に対する錯覚から出た。 天元戦は前期大会までは秒読みが40秒3回であり、今年から60秒1回に変更された。 この対局前進行者が両対局者にもう一度注意を与えたが、読みに考える余裕もなかったパク・ヨンフンが昨年規定とこんがらかって思わず最後の10秒を渡してしまった。 

8強にはキム・ジソク9段、イ・ウォンヨン5段、シン・ミンジュン2段、チェ・チョルハン9段、ナ・ヒョン5段、ハン・テヒ4段、ビョン・サンイル3段、カン・スンミン3段が位置した。 8強初めての対局は11月4日午後2時からチェ・チョルハン-シン・ミンジュンの対決が開かれる。 

バッカス杯天元戦の優勝賞金は2,500万ウォン、準優勝賞金は1,200万ウォンであり大会総規模は2億 3,000万ウォンだ。 制限時間1時間、秒読み60秒1回で進める。 前期バッカス杯天元戦優勝者はパク・ジョンファン9段だ。 去る1月14日幕を下ろした決勝3回戦最終局でパク・ジョンファンはチェ・チョルハン9段に総合成績2-0スコアで4年ぶりに大会二回目となる優勝をした。 
10
1307