ハンゲーム - 楽しい、カンマ、Goハンゲーム! 

[名人戦]イ・ドンフン、カン・ドンユン折って総合棋戦初めての4強

0822-m1
 
▲十六才の新鋭強者イ・ドンフン3段が42期伝統を誇る名人戦の4強に足をのせた。 自身の総合棋戦初めての4強だ。



第42期名人戦本戦8強戦 
イ・ドンフン、強豪カン・ドンユン折って総合棋戦初めての4強 

イ・ドンフンが第42期名人戦4強に上った。 イ・ドンフン3段は22日囲碁TVスタジオで広がった本戦トーナメント8強戦でカン・ドンユン9段を169手中押し勝ちで折って準決勝進出に成功した。

2012年から毎年一回ごと会ってきたカン・ドンユンとイ・ドンフンだが今年は去る6月の囲碁リーグに続き二度目の対決. 序盤出発が良くなかったイ・ドンフンは下辺ケイマをした時点で逆転の流れに変えたのに続き上辺と中央のフリカワリを通じて優勢を確かめた。 相手戦績は2勝2敗になった。

 0822-m2
▲ランキング6位カン・ドンユンと25位イ・ドンフン. 囲碁内容が気に入らなかったのかカン・ドンユンは復碁をしないですぐに石をしまった。

 

名人戦でイ・ドンフンは2011年39期から出場して初めての本戦である41期の時16強に上がった。 したがって今回の4強進出は自身の最高記録を二階段も跳び越えたのだ。 

一方カン・ドンユンは2008年36期の時イ・セドルと決勝5回戦(1勝後3敗)を行ったことがあって、2008年38期の時ウォン・ソンジンと準決勝3回戦(2敗)を行ったことがある。 通算7回優勝のカン・ドンユンだがまだ名人タイトルはない。

 0822-m3
▲ "フリカワリが終わった場面では少し勝ったようでした。 熱心に準備して準決勝で良い内容を見せられるようにします。"



イ・ドンフンが合流するにつれ4強の3人が確定した。 先にパク・ジョンファン-パク・ヨンフンの準決勝対戦が決定されたし、イ・ドンフンは反対側のイ・セドル-ペク・ホンソクの勝者と3回戦の準決勝を行う。 イ・セドルとは対局したことがなくて、ペク・ホンソクには2012年囲碁リーグ チャンピオン決定戦で1敗を抱いたことがある。

江原(カンウォン)ランドが後援する第42期名人戦の総規模は4億ウォン、優勝賞金は6000万ウォン(準優勝2000万ウォン). 2時間の制限時間に1分3回の秒読みを与える。 


 0822-m11
▲三星火災杯本戦に上がって農心杯太極マークを付けて最近ペースが良いカン・ドンユンだったが名人戦4強進入には失敗した。

 0822-m12
▲イ・ドンフンはキム・ジンフン、ハン・チョルギュン、ユ・ギョンミン、イ・ソンジェ、キム・ヒョンチャンを折って本戦に上がった後16強でアン・ソンジュン、8強でカン・ドンユンを押した。 "目標は優勝ですが、私はたくさん不足していると思うので優勝することができるように最善を尽くします。"



第42期名人戦本戦8強戦 
●イ・ドンフン3段vs ○カン・ドンユン9段 
結果:イ・ドンフン、169手黒中押し勝ち 

20140823142342
 
--

5e2a57eb


●8強戦対局予定

(2014/09/12)イ・セドルvsペク・ホンソク