[문용직의 바둑 산책] ”체스챔피언 이긴 수퍼컴퓨터, 바둑도 결국 넘어설 것” - 중앙일보 뉴스 

[ムン・ヨンジグの囲碁散歩] "チェスチャンピオンに勝ったスーパーコンピュータ、囲碁も最終的には越えるだろう"

世界数学者大会'囲碁と数学'講演
プロ5人、数学者25人と多面碁
'1000ドルのコウ' 18年間解けないで
正確なヨセ、解決法はやはり数学

 
htm_20140820119311401141

▲19日ソウル コエックスで開かれた‘囲碁と数学’講演会場でキム・ヨンファン博士が組み合わせゲーム理論を適用した囲碁のヨセ解決法を説明している。[キム・ソンニョン記者]

htm_201408201194511401141

▲イ·ビョンドゥ(左)、キムチャンウ(右)

 
"チェスチャンピオンに勝ったスーパーコンピュータ、囲碁も最終的には越えるだろう"

“1000ドルのコウどこに隠れているか?” 

 18年前アメリカ数学者エルウィン(Elwyn Berlekamp・前カリフォルニア大学バークレー大教授・74)がプロ囲碁界に投げた質問だ。 この質問に囲碁界はまだ答えを見つけられずにいる。 

 13日開幕した第27回世界数学者大会が21日幕を下ろす。 4年ごとに開かれる世界数学界の祭りで数学的業績に対する評価と討論、新しい問題の発表などが続いた。 数学大衆化のための行事も多かった。 2010年インド大会ではチェス多面棋を開いて関心を大きく引いた。 多面碁は棋士1人が多数の相手と同時に試合する方式だ。

 大会組織委員会は今回囲碁を選択した。 各種講演と多面碁が準備された。 大会文化委員であるパク・ブソン(43・慶南(キョンナム)大)教授は“囲碁は極めて数学的なゲームだ。 置かれた手に相手がどんな手を置いて、再びその手に私がどんな手で対応するべきかを論理的に考えなければならないためだ。 囲碁に数学がどのように使われるのかが分かる機会”と話した。 

 19日午後開かれた‘囲碁と数学’講演会場には数学者400人余りと一般人100人余りが参加した。 引き続きプロ棋士と数学者の多面碁試合が開かれた。 ソ・ポンス(61)・ユ・チャンヒョク(48)・イ・チャンホ(39)・パク・チウン(31) 9段とキム・ヒョジョン(33) 2段が数学者25人をむかえてそれぞれ1対5で対局した。 手合割は3~9子. 5人を相手にするのはプロには容易なことだったが数学者はプロの着手に戦々恐々とした。 

 講演の主題は三種類であった。 プロに勝つコンピュータはいつ出てくるのか、囲碁のヨセには数学的な解決法があるのか、囲碁普及に数学はどんな寄与をできるかなどだった。 

 人工知能が囲碁を征服することが出来るかは去る数十年間で最大の関心事であった。 だが明確な成果はなかった。 人工神経網(Artificial Neutral Network)のような最新技法でも囲碁の奇妙な世界を越えることができなかった。 参考までにIBMスーパーコンピュータは1997年にチェス世界チャンピオンを折ったことがある。

 だが、イ・ビョンド(57・歳寒大)教授は“モンテカルロ ツリー探索(Monte-Carlo Tree Search)技法が有力な代案で登場した”として“数十年以内にプロに勝つコンピュータが出てくるだろう”と展望した。 チェ・キュビョン(50) 9段は“現在のプロが4子で勝つのが難しい実力までコンピュータが進化したというから驚くべきだ。 発展が想像以上”と話した。 

 神算と呼ばれるイ・チャンホ(39) 9段はヨセをある程度正確にすることができる。 間違っても誤差は1目程度だと知られている。 だが正確なヨセはプロには悪夢と同じだ。 キム・ヨンファン(50・金融専門家)博士は“目で見ることはできない微細な差を数学は捜し出すことができる”として“組み合わせゲーム理論(Combinatorial Game Theory:双方に情報が完ぺきに公開されたゲームの解決法を捜し出す分野)が解決法”と話した。 囲碁のヨセは情報が完全に公開された世界だ。 

 囲碁の拡散にも数学の助けが必要だ。 プロ棋士であるキム・チャヌ(42) 6段は“現在の韓国のインターネット囲碁サイトは入門者などに良い活動空間を提供することができずにいる”と指摘した。 簡単に言えば18級が1級と対局するとストレスを受けて囲碁をあきらめるということだ。 彼は“似た同じ年頃どうしで対局すると楽しみが倍になる”として“入門者共同体をよく作らなければならない理由だ。 数学でシステム構築が可能でまた、囲碁普及にとても重要だ”とした。 


htm_201408201195011401141

◆ヨセ難題‘1000ドルのコウ’
=1996年Elwyn Berlekamp教授とキム・ヨンファン博士は賞金1000ドルをかけてヨセ問題を世界囲碁界に提示した(棋譜参照).

だが、あまりにも難解で90手越える手順を正確に捜し出した人は去る18年の間誰もいなかった。プロ9段も失敗した。

挑戦したい方はインターネット検索でWhere is the “Thousand-Dollar Ko”?を入力すれば問題と解決法を明らかにした論文を無料でダウンロードすることができる(‘Ko’は‘コウ’を意味する日本語だ).

‘棋譜’は白が先に置いて勝つ過程を探す問題だ。 正確な手順を探してこそ白が1目勝つ。 囲碁ルールは韓国式はもちろん中国式も日本式も可能だ。 アルファベット大文字は初めに置かなければならない場所を例示したことで最初の手はこの中の一つだ。 

ムン・ヨンジグ客員記者  
--

Where is the “Thousand-Dollar Ko”?(※PDFファイル)
http://library.msri.org/books/Book29/files/kim.pdf