韓国、国手山脈韓中団体戦準優勝  
国際ペア大会は韓国、中国、台湾共同優勝

024-sehanww

■韓中団体、中国優勝 
 
霊岩(ヨンアム)で開かれた1回戦、そしてカンジンで開かれた2回戦まで6勝4敗で先んじて有利だった韓国は3回戦で苦杯をなめた。 11日全南(チョンナム)、新安郡(シナングン)庁で開かれた2014国手山脈韓中団体囲碁対抗戦で1勝4敗、総合成績7勝8敗で惜しい逆転負けにあった。 

中国代表5人を見れば、タンウェイシンが先にワイルドカードに選ばれて残りの4人チョニャオイェ、トゥォジャシ、チウジュン、タンシャオが選抜戦で選ばれた。 中国ランキング1位スウェは倡棋杯本戦に上がっていて日程が重なったせいで除外された。 

韓国は1回戦で3勝2敗、2回戦でも3勝2敗を記録して有利な高地に上がったし2勝だけさらに追加すれば良い状況だったが思い通りにうまくいかなかった。 3回戦ではイ・セドル、キム・スンジェ、カン・ドンユンがトゥォジャシ、チョニャオイェ、タンウェイシンにそれぞれ破れ、ずっと進行されていたパク・ジョンファンとタンシャオ(中),キム・ヒョンチャン-チウジュン(中)対局が優勝か準優勝かを決めることになって検討室を熱い雰囲気にした。 やがてパク・ジョンファンが乱戦の中で1勝を持ってきたがキム・ヒョンチャンが死闘を行ったあげく負けて勝負は決定された。 

[519459]001_cap_20140811
[519455]001_cap_20140810
[519451]002_cap_20140809




■ペア大会、韓国•中国•台湾共同優勝 
 
韓中団体囲碁対抗戦と同じ場所で同時に開かれた国際ペア大会は韓国、中国、台湾が2勝1敗ずつをおさめて3者同率になって共同優勝した。 賞金は1位(3000万ウォン) 2位(1500万ウォン) 3位(1000万ウォン)までの賞金を合わせた後三ヶ国が三分して分け合う。 すなわち1国1,833.33万ウォンだ。 日本は3敗になって最下位に留まった。 日本は4等賞金400万ウォンを受けた。 

[519459]003-sehanww

▲チョ・フンヒョン"私をとらなくていい。 横にいる美女をとるべきで私は野獣ではない。" 
'野獣ではない~皇帝であって(記者)'

[519459]008-sehanww

▲タケミヤ・マサキ-マンナミ・ナオ日本代表(左側)は3敗で最下位に留まった。

[519459]009-sehanww

▲韓国は初日中国に1敗したが続けて2勝して共同優勝隊列に属した。

[519459]014-sehanww

▲チョ・フンヒョン-オ・ジョンア組(韓国).

[519459]015-sehanww

▲リン・ハイバン-ヘイ・ジャジャ組(台湾)

[519459]016-sehanww

▲タケミヤ・マサキ-マンナミ・ナオ組(日本)

[519459]017-sehanww

▲チャオ・ダウィアン-チャン・ウェラン組(中国)




■パク・ジョンファンが持ってきた死活問題 
 
対局が始まれば各国選手たちは目をむくが対局前は和気あいあいだ。 

3回戦は今までと同じように昼2時に始めた。対局が始まる前、韓中日台湾の棋士は1時間程度早目に対局場に到着して休息を取った。 

この時、パク・ジョンファンが死活問題を一つ碁盤にならべた。
“私が作ったのではないです。 どこかで見た。”
私たちの棋士が集まった。 曖昧。 変化が奇奇怪怪だ。 

遠くからこの問題を見た中国棋士も他方で同じ模様を作って研究し始めた。 
‘本当に難しいね。’

記者はこの問題の正解を確認しなかった。 陳謝. 写真を取って中継準備するのに心の余裕がなかったと理由を上げる。 ^^ 

とにかく各国の棋士を悩ませた問題を下に公開する。 

[519459]027-sehanww

▲この問題. 今この模様は黒が1線に押して白が防いだが失敗だ。 原本はこの二つの手が抜けている。



棋譜再生

 

[519459]026-sehanww

▲パク・ジョンファン9段が問題を出した。 難しい。

[519459]001-sehanww

▲やー、これ侮れないんだけど。 中国棋士も死活解くのに没入.

[519459]002-sehanww

▲碁盤を歩いてもずっと死活を解く。 'パク・ジョンファン9段が出した問題難しいね...'


[519459]005-sehanww
[519459]006-sehanww
[519459]007-sehanww
[519459]010-sehanww
[519459]011-sehanww
[519459]012-sehanww
[519459]018-sehanww
[519459]019-sehanww