ネットマーブル囲碁nTV |メイン|囲碁のすべてのもの、囲碁nTV 

[農心杯]パク・ジョンファン、最後まで行ってみよう…タンシャオに大逆転勝ち!


work-003

▲パク・ジョンファンは果たしてイ・チャンホ9段に繋がる第2の'農心杯終結者'になる事ができるだろうか? 昨年2連勝で韓国優勝を牽引したパク・ジョンファン9段が二期連続大業達成に出た。



切れるのか続くのか危険に見えた韓国チームの生命の紐が劇的に延びた。 

パク・ジョンファン9段が中国タンシャオ7段を相手に劇的な逆転勝ちをして今回の大会初勝利を記録した。

パク・ジョンファン9段は26日中国上海グランドセントラルホテル特別対局室で広がった第15回農心辛ラーメン杯本戦12局で昨日キム・ジソク9段を折ったタンシャオ7段をむかえて265手まで行く接戦を行ったあげく黒1目半勝ちをおさめて今回の大会初勝利であり3連戦最初の対局を勝利で飾った。

劇的という外に表現できない勝利であった。 
黒を持ったパク・ジョンファンは中盤まで先着の効果を守って厚く局面を運営、リードしていった。中盤タンシャオの挑発で右上を捨てて下辺白大石攻撃に手を回すことができては依然として優勢.しかし危険に見えた下辺白が意外に簡単に収拾がつき危機が訪れた。

結局攻撃は失敗に帰して特別な戦利品も取りまとめることができなくては逆転. だが、終盤勝利の雰囲気に酔ったタンシャオが停滞している間パク・ジョンファンは猛追撃戦を広げたし結局1目半逆転勝ちを編み出した。




work-002

▲難しい勝利であった。中盤白大石に対する攻撃が無為に終わり逆転を許容したパクチョンファンは最後まであきらめないでヨセで大逆転劇を成し遂げた。



これでタンシャオ、ジョオルイヤン、スウェを全部勝たなければならない負担を抱いて対局に出たパク・ジョンファン9段はひとまず最初の峠は越した。

囲碁TVでこの囲碁の解説を担当したユ・チャンヒョク9段は“中盤までパク・ジョンファン9段が優勢だったがフリカワリ以後下辺攻撃で白が得たのが全くなくて良くなかった。だが、昨日キム・ジソク9段を相手に完ぺきな盤面運営を見せたタンシャオ9段が意外にもヨセでたくさん揺れた。タンシャオの弱点はヨセではないかと思うほどであった。 白が緩く対処する間パク・ジョンファン9段の火のような追撃戦が引き立って見えた一勝負だった”と対局を評した。

タンシャオが崩れるとすぐに中国はパク・ジョンファン9段の次の相手にジョオルイヤン9段の出場を予告した。だが、パク・ジョンファン9段はジョオルイヤン9段との歴代戦績で5勝1敗で先んじていて異変がない限り最終局まで行くと予想される。

昨年農心杯に初めて出場したパク・ジョンファン9段は主将としてシェホ9段とチャンウェイジェ9段を折って韓国に優勝カップを抱かせた事がある。




work-004

▲難しい相手タンシャオ7段.早碁に強くて農心杯に唯一強い容貌を見せたがパク・ジョンファン9段が相手ではヨセで問題点を見せて逆転負けした。




work-001

▲中国は農心杯優勝のために一ヶ月前から1時間囲碁を練習してきたし、パク・ジョンファンは一ヶ月の間囲碁から離れて訓練所で時間を過ごした。果たして幸運の女神はどちら側に微笑を見せるか? 
 
タイジェム - 大韓民国1位囲碁サイトTYGEM.COM 
1851182

▲局後タンシャオは復碁なしですぐに対局場を離れた。 



ぴりっとした逆転勝ちだった。 

韓国の最後の走者パク・ジョンファンが26日中国上海グランドセントラルホテルで広がった第15回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦3次戦本戦12局で中国のタンシャオを相手に逆転勝ちを編み出した。 

序盤は有不利を論じることができないほどきっ抗したが、タンシャオが先に右上でコウにいったのが良くなくて主導権はパク・ジョンファンに渡った。 以後パク・ジョンファンは下中央白大石を捉えに出たが、大石狩猟には失敗して非勢になった。 逆転はヨセで起きた。 タンシャオは六回以上ヨセで誤ったミスを繰り返したし、パク・ジョンファンは鋭く少しずつ利益を見て結局265手終わりに黒1目半勝ちをおさめた。 

局後パク・ジョンファンは"手がよく見えないので妥協しなかったがそうしたらより良い結果であったようだ。 終盤に相手がヨセで失敗をとてもたくさんしてほとんど投げなければならない囲碁であったのに、やっと勝つことができた。"と今日の対局所感を伝えた。

引き続き彼は"今日やっと勝って機会をつかんだようなものなので、明日は最善を尽くして心機一転してみる。"として明日の臨戦所感も付け加えてホテルの部屋に早く消えた。 

もう残った中国選手はジョオルイヤンとスウェ. 明日は中国のジョオルイヤンがパク・ジョンファンを防ぐために出る。 パク・ジョンファンとジョオルイヤンの相手戦績は5勝1敗でパク・ジョンファンが圧倒的に有利だ。 その上タイジェムでも二人の棋士の相手戦績はパク・ジョンファンが圧倒的に有利. 

二人の棋士が広げる農心杯本戦13局は明日(27日)韓国時刻午後3時に続いてタイジェムでは初めての国家代表抜てきを目前に置いているキム・ジョンヒョンの解説で中継する .  
パク·ジョンファン、農心はぼくが守る! 
140226-ns-10

▲復碁はなかった。 一目半結果を確認した後には二人の対局者ともに言葉なしに石を入れた


韓国の新しい守門将パク・ジョンファンが脂汗が出る逆転ドラマを演出して一目半を残した。 後半集中力は格別だったし、ヨセは鋭かった。 ぴりっとした勝利とともに韓国の反撃が始まった。

26日上海グランドセントラルホテルで広がった第15回農心辛ラーメン杯本戦12局でパク・ジョンファン9段が中国タンシャオ7段を相手に265手で黒1.5目勝ちを勝ち取った。 

序盤の流れは黒が良かったが、中盤パク・ジョンファンが大石攻撃に失敗するとすぐに形勢が白に急激に傾いた。 しかしヨセになるとすぐにパク・ジョンファンが盤上を縦横無尽にあちこちで徐々に得すると半目の主人を変えた。 最後にタンシャオが失敗を繰り返して差は一目半まで広がった。 

中国ウィ・ピン団長は殆ど勝った局がひっくり返されると頭にきていた。 ホテル部屋で囲碁を観戦して囲碁が終わる頃うす赤い顔で検討室に入ってきたウィピン団長は "タンシャオは本当に碁を打つことができる奴か? ヨセで六ヶ所仕損じた。"と叱り飛ばしてジョオルイヤンと共に中継モニターを見てヨセ手順を指摘した。

局後パク・ジョンファンは"内容に対して話す言葉がない。 事実投げなければならない囲碁だった。 ヨセで白がとても容易に置いて逆転が可能だった。 明日対局も最善を尽くす。"という簡単な所感だけ残した。 27日本戦13局に出てくる中国選手はジョオルイヤン9段だ。 パク・ジョンファンはジョオルイヤンとの歴代戦績は5勝1敗で先んじている。 

13局は27日午後3時からサイバーオロで生中継する。 対局室解説者はチョ・ハンスン9段だ。 



第15回農心辛ラーメン杯3次戦サイバーオロ解説

本戦13国:2014年2月27日(木)午後3時-チョ・ハンスン9段
本戦14国:2014年2月28日(金)午後3時-ホン・ミンピョ8段



[518921]140226-ns-12

▲頭にきたウィピン9段. タンシャオのヨセをずっと指摘した。

[518921]140226-ns-14

▲取材陣に囲まれて検討室に入ってくるパク・ジョンファン9段

[518921]140226-ns-11

▲農心の新しい守門将であるパク・ジョンファンが渾身の力を出してタンシャオを防いだ。 次の相手はジョオルイヤンだ。 
無料オンラインゲーム - 楽しい、カンマ、Goハンゲーム! 
0226-n1


▲落ち着いているパク・ジョンファン9段(右側)が中国の期待の主タンシャオ7段を制圧して逆転優勝の火種を生かした。唇をかんだ姿が決意いっぱいと見られる。


第15回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦第12局 
パク・ジョンファン、終盤の闘魂で逆転優勝火種生かす 

くらっとした。 危うく大会初の、3人を残して12局で優勝カップを渡すところだった。 危うく歴代韓国チーム最小勝数である3勝だけをおさめる不祥事が起きるところだった。

落ち着いている主将パク・ジョンファンの闘魂がこのすべての悲劇を防いだ。 パク・ジョンファン9段は26日中国上海グランドセントラルホテル特別対局室で広がった第15回農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦第12局で韓国チームの最後の砦として出場して中国の3番走者タンシャオ7段を制圧した。

93年生まれ同年齢を迎えたパク・ジョンファンは相手の無理な方法を追及して攻撃で主導権を握りながら無難な勝利が見えるようだった。 ところが形勢を楽観したためなのか大石を捕獲するような攻撃が不十分に終わってかえって逆転局面を許容した。

 0226-n15
▲ "事実投げなければならない囲碁なので内容に対して話す言葉がありません。ヨセで相手が行き過ぎる程容易に置いたせいで逆転が可能でした。最善を尽くして明日対局に臨みます。"パク・ジョンファンは普段勝った後のおおげさな態度が強い方だ。


ヨセに入り込む時点の形勢を置いて国内検討陣間では絶望的という診断も出てきた。 しかし経験少ないタンシャオも完ぺきでなかった。 目の前に優勝カップが目に浮かんだのか失敗を連発した。 その隙を刺してパク・ジョンファンのまぶしい追撃戦が広がった。 4時間20分間の熱戦を行った後、整地を終えた盤上はパク・ジョンファンの1目半勝ちだった。

消えて行った火種を生かしたパク・ジョンファンは明日午後中国の4番走者と対決する。 二人残っている中国はジョオルイヤン9段を先に送りだすと発表した。 歴代戦績でパク・ジョンファンが5勝1敗で先んじている甘い(?) 相手だ。 また、パク・ジョンファンは前期大会で主将を引き受けて終盤の2連勝で韓国の11回目優勝を決定したこともある。

 0226-n2
▲パク・ジョンファンとタンシャオは93年生まれ同年齢.パク・ジョンファンは無難な勝利が見えた形勢で攻撃失敗で逆転を許容したが終盤まぶしいスパートで再逆転に成功した。


 0226-n12
▲キム・ジソク9段がキム・イン団長の前で検討している。キム・ジソクの横にアン・ソンジュン5段、シン・ミンジュン初段、キム・ソンニョン9段の姿が見える。

 0226-n13
▲中国側検討. 温湯と冷湯を行き来した。

 0226-n14
▲中国国家代表チームのウィ・ピン監督がタンシャオの敗因を指摘する。宿舎でコンピュータ観戦していたがタンシャオの誤ったミスが続くとすぐに怒り出して検討室に降りてきた。

 0226-n11
▲中国チームの残余兵力であるスウェ9段(左側)とジョオルイヤン9段(右側).

 0226-n17
▲ "後半が徹底できなかった"というタンシャオ.秒早碁で有名なタンシャオは勝てば天才という声を聞くかも知れないが敗れれば軽率だったという非難が伴ってくる。

 0226-n16
▲前期大会で終盤の2連勝しながら韓国の優勝を決めたパク・ジョンファン.今度は3連勝が必要だ。


棋譜再生
 

第15回農心辛ラーメン杯第12局
●パク・ジョンファン9段(韓国主張) vs 
○タンシャオ7段(中国3番走者) 
結果:パク・ジョンファン、265手黒1目半勝ち



103・105がおおらかな思いつき. 

20140227110817

20140227110822

107以下の攻撃が若干不十分で白を簡単に助けては黒が若干不利な局面. 
20140227110829


 

20140227110837
 
184は186に先に置く所.

20140227110851

コミが負担になることはしたがヨセ追撃で191を置いては極微な形勢.

 20140227110859



198が敗着で201が急所であった。
20140227110911

20140227110925




パク・ジョンファンがヨセで力を発揮して逆転勝ちした。 タンシャオは上中央黒地が膨らむのを軽視したのが最後の敗因になった。

[総評:パク・スンチョル7段]  
20140227111000