韩日代表常備軍たち」さ競ってみよう」 

韓国と日本の国家代表常備軍が三日間親善試合を通じて訓練に入る。

ウォンイクが後援する2013韓日•国家代表常備軍親善試合が12月28日から30日までソウル、城東区(ソンドング)、弘益洞(ホンイクトン)韓国棋院で開かれる。 

日本囲碁国家代表チーム‘go•碁•Japan’監督である山城宏9段の提案で開かれる今回の親善試合に韓国は常備軍英才組所属選手たちを中心にチームを構成したし、上位ランカーは希望する棋士が参加するようにした。 

28,29日1~4局は午前、午後にかけて制限時間1時間(秒読み1分1回)の世界団体戦である農心辛ラーメン杯方式で繰り広げられて、30日の最後の5局は制限時間2時間30分(秒読み1分5回)の主な世界大会の制限時間と似た方式で繰り広げられる。

韓国はランキング5位パク・ヨンフン9段と10位イ・ジヒョン4段をはじめとして英才組でハン・スンジュ(40位)•ファン・ジェヨン(56位)•シンジンソ2段•シン・ミンジュン(44位)初段と女流2冠王であるチェ・ジョン4段など13人が出場する。 

反面日本は今年新人王戦優勝者である富士田明彦4段が先鋒で第69期本因坊戦本戦メンバー伊田篤史7段、新人王戦で準優勝した余正麒7段、第8回若鯉戦優勝者である一力遼3段と許家元初段など5人でメンバーを構成した。 

主な対局はサイバーオロで生中継される予定だ。  
 
[518739]capt002_20131224

--

とりあえず一力要チェック。初日ヨンフンだって。凄い。イジヒョン、チェジョン、ミンジュンと当たるのも注目。ジンソくんとは当たらないのが残念。