タイジェム - 大韓民国1位囲碁サイトTYGEM.COM 

果たして一流が集まって最善の手を置くならば神の領域に近づくことができるだろうか?

こちら中国、広州は'複式囲碁'のテストケース珠鋼杯がすごい話題だ。大会期間半分をすぎ多くの話題の瞬間が捉えられた。20日出国から閉幕式まで過程を数回にかけて掲載する。 

13258▲-1

▲世界大会40回優勝に光る幻の三角編隊チョ・フンヒョン-ユ・チャンヒョク-イ・チャンホが広州空港に乗り出している。 
 
132542▲-2

▲広州空港で偶然にも同時刻に到着した日本の趙治勲とイ・チャンホ、ユ・チャンヒョク.
 
132550▲-3

▲バスに荷物を積むために宿敵だった趙治勲と小林コウイチが見守っている。実際にはものすごく仲良しだと。
 
132559▲4

▲ '後輩愛というのはこういうもの!' カン・ドンユンがバスに荷物をのせる時、頭があたろうとすると趙治勲が手を遮る姿. 
 
132648▲5

▲ '宇宙流'タケミヤマサキ.寒くて帽子をかぶったのだろうか?
 
132710▲-6

▲バスの中で歓談するチョ・フンヒョン、趙治勲、小林、リュ・シフン.
 
132713▲-7

▲ホテル手続を待つ趙治勲、リュ・シフン.
 
132722▲-8

▲白雲ホテルに用意された碁盤フォトゾーン.チョ・フンヒョンが黒に一間した手を置いた。 
 
132732▲-9

▲イ・チャンホもやはり堅実な一間を選んだ。碁石には各自の名前が書かれている。
 
132742▲-10

▲カン・ドンユンは白を退けながら攻撃的な手.


132750▲-11

▲パク・ジョンファンは厚い手をリリースして隅を圧迫する。

132800▲-12

▲チェ・チョルハンが笑って隅を補強する。やはり隅の急所は2の1だ。
 
132814▲-13

▲クォンガプリョン道場の門下生. カン・ドンユン、クォン・ガプリョン(師匠)、チェ・チョルハン、パク・ジョンファン.
 
132824▲-14

▲広州白雲ホテルで挙行された開幕式長メインテーブル. 
 
132833▲-15

▲当代の複式.韓国のワイルドカードチーム チョ・フンヒョン、イ・チャンホ、ユ・チャンヒョク. 
 
132843▲-16

▲ 80年代を牛耳った日本の巨匠. ‘東京地下鉄’小林コウイチ、‘宇宙流’タケミヤマサキ、‘爆破専門家’趙治勲.

 
132854▲-17

▲多くの取材陣に囲まれた韓国選手団.

132910▲-18

▲大会スポンサーである珠鋼グループの天窓会長. 

 
132913▲-19

▲韓中日台だけの7つのチームに予選1位を占めたウクライナが上位レベルに含まれた。 
 
132924▲-20

▲組み合わせ抽選場面 中国の常昊.
 
132934▲-21

▲日本のタケミヤ・マサキ.
 
132946▲-22

▲韓国のチェ・チョルハン.
 
132956▲-23

▲日本と中国のワイルドカードチームどうし写真ワンカット!