タイジェム - 大韓民国1位囲碁サイトTYGEM.COM 


中国はない!

カン・ドンユン-チェ・チョルハン-パク・ジョンファンで構成された韓国(S)が一番先に4強進出を確定した。 

当初イ・セドル、キム・ジソクが抜けて最適なチームでないという懸念をぬぐって中国(S)と(W)を続けてはね除けて5ラウンドまで行われる順位決定戦で4勝で単独トップにのぼった。 明日(23日)広がる台湾との勝負に関係なく4強進出を確定したし、異変がなければ順位戦1位が確定的だ。 


jpg

大会二日目4ラウンドで運命を賭した韓中戦が行われた。 結果は韓国(S)が中国(S)に2-1で勝ち、韓国(W)は中国(W)に1-2で敗れた。 

カン・ドンユン-チェ・チョルハン-パク・ジョンファンで構成された韓国(S)は今年世界選手権を取得したメンバーで構成された中国(S)に合ってチェ・チョルハン、パク・ジョンファンの殊勲で4強進出を確定した。 

カン・ドンユンが実質的な第一人者であるスウェに敗れ暗雲を垂らしたが、すぐチェ・チョルハンがジョオルイヤンに序盤からワンサイドに追い詰めたあげく下辺大石をとらえて快勝をおさめて1-1を作った。 最後のパク・ジョンファン-チョニャオイェ対決では248手まで行く接戦終わりに黒がコミを出すのが難しい状況に直面するとすぐにチョニャオイェが石をおさめることによって韓国の勝利が確定した。 

パク・ジョンファン、チェ・チョルハンは今日広がった3,4ラウンドで中国(W)と(S)に連勝をおさめながら韓国の希望デュオに浮び上がった。 

一方チョ・フンヒョン-ユ・チャンヒョク-イ・チャンホで構成された韓国(W)は初日台湾に首筋をつかまれたのに続き中国(W)にも敗れて自力では4強進出が難しくなった。 チョ・フンヒョン、ユ・チャンヒョクが古力、常昊に敗れたし、イ・チャンホがコンジェに勝利した。 



これで4ラウンドを終えた現在の中間成績を見ると、

韓国(S)が4勝.
中国(S)と(W),台湾、日本(S)が3勝1敗.
韓国(W)と日本(W)は2勝2敗.

したがって4勝である韓国(S)は4強確定であり、明日最後の5ラウンドで残りの三チームが決定される。 

明日主要局の対戦は下の写真で示す通りである。 中国(W)-日本(S)と中国(S)-タイはどうしても中国が有利だと見れば、中国(S)と(W)が4強に進出する可能性が現実的に大きい。 それなら残った一つのチームは? 

2勝2敗の韓国(W)がなる公算が大きい。 弱体米国との競技を残しておいたので3勝2敗になると見よう。 手がかりは韓国(S)-台湾で韓国(S)が勝つという仮定ならば可能だ。

もし同じ3勝2敗ならば
1)個人勝数の合計、
2)相手にしたチームの勝数の合計
で4強進出組を分ける。 そのような場合、韓国(W)は4ラウンド現在8勝であり、台湾は7勝だ。 



珠鋼杯は21日から23日まで3日間16のチームがスイスリーグで5ラウンドずつ(21,22日午前9時、午後3時. 23日午前9時)順位決定戦を広げて、上位4組が準決勝に上がる。 準決勝では1-4位、2-3位クロストーナメントで決勝進出組を分けて、決勝は3人が相談碁を通じて優勝チームを選出する。 

順位決定戦の制限時間は各自1時間に1分秒読み5回であり、準決勝は各自2時間45分に1分秒読み5回、決勝はチーム当たり4時間30分の制限時間に秒読みなしでタイムアウト制. 

総賞金500万中国元(8億7000万ウォン)の第1回鋳鋼杯(倍)世界囲碁団体選手権の優勝賞金は200万中国元(3億 5000万ウォン)だ。 準優勝チームには80万中国元(1億 4000万ウォン),3位50万中国元(8800万ウォン),4位40万中国元(7000万ウォン)の賞金が与えられる。 


212510▲ 강동윤-스웨(승)
212542▲ 조훈현-구리(승)
212552▲ 이창호(승)-쿵제212437▲-4라운드-대진표
212618▲ 5라운드 대진표
jpg


 
212637▲ 표

--

無料オンラインゲーム - 楽しい、カンマ、Goハンゲーム! 

1222-j11
1222-j12
1222-j13
1222-j14
1222-j15
1222-j17
1220-jp1
1221-jp1
1222-jd1