無料オンラインゲーム - 楽しい、カンマ、Goハンゲーム! 
1221-j1


第1回珠鋼杯世界囲碁団体戦順位決定1・2ラウンド 
韓国のシードチームは連勝、ワイルドカードチームは台湾に首根っこ

韓国囲碁がまた再び台湾に首筋をつかまれた。 21日中国、広州棋院で広がった第1回珠鋼杯世界囲碁団体戦順位決定戦2ラウンドで韓国のワイルドカードチーム(チョ・フンヒョン・ユ・チャンヒョク・イ・チャンホ)が台湾のシードチーム(リンズハン・シャオジョンハオ・ワンウィアンジュイン)に1-2で敗れた。

珠鋼杯は中国が新設した3人団体戦. チョ・フンヒョン9段がリンズハン9段に228手で中押し勝ち、ユ・チャンヒョク9段がシャオジョンハオ8段に168手で中押し敗、イ・チャンホ9段がワンウィアンジュイン6段に135手で中押し敗としてしまった. チョフンヒョン、ユチャンヒョク、イチャンホは30才以上の世界大会優勝者で設けることができるワイルドカードチームで出場した。

韓国は先週に開いたスポーツアコード混成ペア戦で豪華戦力のキム・ジソク、パク・チウン組が台湾の新鋭ワンウィアンジュイン、ヘイジャジャ組に敗れながら決勝進出が挫折したことがある。



シードチーム(カン・ドンユン、チェ・チョルハン、パク・ジョンファン)は1ラウンドでタイを3-0で、2ラウンドで日本のシードチーム(ワンミンワン、リュシフン、ミゾカミトモチカ)を3-0で完勝して2連勝を走った(ワイルドカードチームは1ラウンドでドイツを3-0で折った). 




この他に中国はシードチームとワイルドカードチームが共に1・2ラウンドを3-0で勝利した。 シードチームである台湾も2勝をおさめたし、日本はシードチームとワイルドカードチーム共に1勝1敗を記録中だ。



順位決定戦は16チーム(シードチーム4,ワイルドカードチーム4,非シードチーム9)が23日までスイスリーグ5ラウンド競争を行って上位四チームが準決勝に上がることになる。 引き続き順位決定戦1位と4位、2位と3位が激突する準決勝戦で勝ったチームが25日一発勝負の決勝戦を行う。 



一方各チームは選手別に固有順番を定めて競技毎同一順番どうし対決する。 一度定めた順番は大会が終わる時まで途中で変えることができない。 

2強に選ばれる韓・中国シードチームの順番争いも激しかった。 韓国はランキングが一番上であるパク・ジョンファンでも最も先輩であるチェ・チョルハンでもないカン・ドンユンを1番に配置したし、中国もランキングと年齢が一番上であるチョニャオイェを3番にした。



その結果韓国がうまくいった。 カン・ドンユンは相手戦績1勝5敗であるチョニャオイェを避けて1勝1敗であるスウェに会うようになったし、チェ・チョルハンは相手戦績が最も良いジョオルイヤン(6勝2敗)を、パク・ジョンファンはチョニャオイェとの相手戦績(5勝8敗)が韓国選手中では最も良い。

 

順位決定戦2日目である22日には3・4ラウンドが続く。 韓国チームはまず3ラウンドでシードチームが中国のワイルドカードチームと2勝チーム対決を、ワイルドカードチームが香港と1勝1敗チーム対決を行う。 シードチームの代診はカン・ドンユン-古力、チェ・チョルハン-常昊、パク・ジョンファン-コンジェ.

第1回珠鋼杯の賞金は1位200万中国元(約3億5000万ウォン),2位80万中国元(約1億4000万ウォン),3位50万中国元(約8800万ウォン),4位(約7000万ウォン). 賞金総額規模は8億5000万ウォン余りに達する。 

1221-j12
1221-j11
 
1220-jp1
1221-jp1
1221-jp2


--

タイジェム - 大韓民国1位囲碁サイトTYGEM.COM 

jpg
jpg


jpg
jpg
jpg
jpg
jpg

 
2245453