イ·セドル「格好良く韓国囲碁危機乗り切る」 
20131209-001-wlfa

イ・セドル9段が記者会見途中特別な事実を発見したようだ。 中国新鋭の勢いを折ることが出来なかった自分から韓国囲碁に危機が訪れたということだ。 

冗談が混ざった話だったが韓国囲碁の危機を抜け出すようにする刀の柄がこの瞬間イ・セドルの手にかかったのは確実だ。 それだけ彼の覚悟も整う。 

2013三星火災杯ワールド囲碁マスターズ決勝3回戦を控えて選手たちの所感を聞く記者会見が9日昼間4時(現地)中国、蘇州、新羅ホテル4階で繰り広げられた。 

この席には決勝に上がったイ・セドル9段とタンウェイシン3段、チョン・ヒョンジュン サムスン火災中国法人長、リュスミン中国棋院院長が参加したし韓国と中国の記者約50人が位置した。 韓国はサイバーオロなど囲碁インターネット サイトと京郷新聞、朝鮮日報、中央日報など日刊紙、そして囲碁TVとKBSなど多様な媒体の記者たちが蘇州現地にきて取材している。 

10日朝10時(韓国時刻)からは決勝1局を始めて11日2局、12日3局で休まないで進行される。 2対0のスコアが出てくれば3局はなくなる。 サイバーオロは今回の決勝シリーズを派手な解説陣の詳しい解説を添えて生中継する予定だ。 1局をホン・ミンピョ8段、2局をハン・スンジュ2段、3局をキム・ソンジン3段が引き受ける。 

以下は記者会見内容。 

Q. (チョン・ヒョンジュン サムスン火災中国法人長に)3年前蘇州で三星火災杯が開かれる時に比べて中国語の実力がさらに多く増えた。 囲碁実力も増加しているのか?
A. “96年から囲碁を見守ってきたが囲碁実力は初歩に留まっている。 上海で囲碁を習いながら向上させるように努力する。”

Q. (タンウェイシン3段に) 1990年代後半出生棋士が世界大会頂上を占領している。 このような事実は自信を与えるのか、でなければ負担になるのか? 
A. “自信を与える側がより合っているといえる。”

Q. (イ・セドル9段に)タンウェイシン3段も‘90後’世代だが、90年代生棋士が世界大会を占領していきつつある。 
A. “似た質問をたくさん受けた。 今年1990年代後半出生棋士が世界大会をさらっていて昨年にも80年代生棋士が世界大会で優勝するのをほとんど見られなかった。 この前梦百合杯ではミウィティン9段に古力9段(イ・セドル9段と同じ年齢)が負けた。 私が古力9段と10回戦を控えているからかわからないが、古力9段が負けたのが胸が痛い。”

Q. (イ・セドル9段に)昨年には相手が古力9段という最高級棋士であり今回はタンウェイシン3段という新鋭棋士だ。 常識的には負担が減ると思うがどのように見るのか?
A. “タンウェイシン3段は最高級の実力をすでに備えている新鋭棋士なのでさらに負担になる。 昨年には負けることもできると考えたが今度は負けることはできない状況だ。 前は決勝戦を控えては囲碁対局を見たりしながら準備したが今回はとても負担感が大きくて4~5日間囲碁に関連して何もしなかった。 このようにしてみるのは初めてだ。 このような試みが良い結果につながるように願う。” 

Q. (イ・セドル9段に)韓国囲碁が危機に陥ったと診断するのか? それならどのように解決しなければなければならないと考えるのか? 
A. “危機という気がしたのは昨年と一昨年だった。 今年はそれが表面的にあらわれた年ではないかと思う。 解決する方法を尋ねているのに申し上げることが多くない。 私ができるのは勝つことだけなので最善を尽くすこと以外には難しい質問だ。”

Q. (チョン・ヒョンジュン サムスン火災中国法人長に) 2010年蘇州で開幕式をしたが今度は決勝戦を行う理由は何か? また、スポンサーの立場で韓国囲碁の危機をどのように見るのか知りたい。 
A. “96年に協賛を始めて97年に北京で、2010年に蘇州では開幕式をした。上海では3~4年間開幕式または、決勝戦をしてきた。このような傾向で上海–北京-蘇州をローテーションで開いているがその他地域でも広まる可能性がある。二番目質問に関しては、私たちは協賛をするだけ韓国危機に対しては何と申し上げるのが難しい。 他の大会では囲碁有望株のための奨学金を支援するなど毎年特別なアイディアを出している。 この程度申し上げることが言える。”

Q. (タンウェイシン3段に)スウェ9段は16強戦でイ・セドル9段を折ってLG杯優勝までしたし、パンティンウィ(応氏杯) 9段とミウィティン9段(梦百合杯)もそれぞれ16強と32強でイ・セドル9段を抜いた後優勝までやり遂げた。 チョニャオイェ9段は決勝で勝った。 タンウェイシン3段もイ・セドル9段という壁を越えなければならなくなった。 どのように準備してきたか? そして3日連続対局は新鋭棋士に有利に見えるようだが…. 
A. “率直に申し上げればイ・セドル9段の棋譜研究をほどほどにした。 ところが私に3回戦経験はない。 また、私は怠け者なので途中一回ぐらい休むのが良いが連続で三局置くのは疲れるようだ。 若いという事実が有利なのかどうなのかもイ・セドル9段の体力にかかっている。” 

Q. 記者会見にきてイ・セドル9段がせきをするなど体調が良く見えない。 (微細粉塵のために)こちらの空気もまた、そんなに良くないが蘇州にいる間室内だけであれば体力維持にもそんなに役に立たないようだ。 どのように過ごすつもりなのか。 
A. “運動する時間はないようだ。 部屋の中にだけいるんじゃないだろうかと考える。 それはそうとタンウェイシン3段に質問するのを聞いてみると韓国囲碁の危機がどこからきたのか分かるようだ。 パンティンウィ9段、スウェ9段、ミウィティン9段がみな私に勝った。 私による韓国囲碁の危機を脱出して私の手で格好良く切る。”

Q. 黙って見るとイ・セドル9段が中国話をわかられるようだ。 中国語を一言見せることができるか?
A. “(非常に恥ずかしがって)いくつかの単語はわかるが話は一言もできない。 申し訳ない。” 

 
视频-三星车险杯美女陈盈提问李世石 遭害羞拒绝 

その時の動画きてた。 (*´Д`*)かんわゆっすかんわゆっすwww