総合/イ·セドル、タン·ウェイシンと決勝で激突 
20131107-002-sasfefsf


イ・セドル9段がカリスマを思う存分発揮して決勝に進出した。 

7日大田(テジョン)サムスン火災有性研修院で開かれた2013三星火災杯ワールド囲碁マスターズ準決勝3回戦第3局(最終)でイ・セドルがウークァンア6段に152手で白中押し勝ちをおさめ総合成績2-1で決勝行を決定した。 

一枚上の手並みで余裕あるようにウークァンアを抜くだろうという予想とは別に1局で大きい錯覚を犯して負けて不安な出発をしたイ・セドルだったが残った二つの対局でそれこそイ・セドルの真の姿を取り戻してウークァンアを一方的に追い詰めた。 

2局では上辺に60目近い大きい地を作って早目に優勢をとらえて完勝をおさめたし、最終局だった3局では22個の大石を捉え痛快な勝利をおさめた。 

一方反対側ではタンウェイシン3段がスウェ9段に368手で黒2目半勝ちをおさめて総合成績2-1で決勝に進出した。 序盤はタンウェイシンが優勢だったが中盤はスウェが良かった。 3コウで引分けが出てくる場面を迎えたりもしたが形勢が良いスウェは3コウを避けて囲碁を持続した。 タンウェイシンはあきらめないでしつこく追撃してヨセ段階で逆転に成功した。 

昨年開かれた第1回百霊杯世界選手権前4強に上って囲碁ファンに名前を知らせたタンウェイシンは今年仁川(インチョン)室内武道アジア競技大会男子個人戦金メダルを取ったことがある。 

これで決勝でイ・セドルとタンウェイシンが激突することになった。 前期優勝者イ・セドルはこの大会で通算四回優勝したことがあって2連続優勝および通算五回優勝をやり遂げられるか関心を引く。 二人は一度も対局したことがない。 

決勝3回戦は12月10日から12日まで中国蘇州、新羅ホテルで開く予定だ。

三星火災杯ワールド囲碁マスターズは中央日報と韓国放送公社(KBS)が共同主催と(財)韓国棋院が主管してサムスン火災海上保険株式会社が後援する。 

去る大会から優勝3億ウォン、準優勝賞金1億ウォンで増額して賞金総額規模は8億ウォンであり制限時間は2時間に1分秒読み5回ずつを与える。  

 
無料オンラインゲーム - 楽しい、カンマ、Goハンゲーム! 
1107-s1

"韓国囲碁が振るわないので今度は必ず勝ちたい。 韓国囲碁の責任を負うということでなく韓国棋士として必ず優勝したい。" (イ・セドル)

"ここまでくるのも容易ではなかった。 うれしい。 決勝戦はそのまま難しい。 私が優勝する確率は50%もならないと見るが最善を尽くす。" (タンウェイシン)

優勝賞金3億ウォンに向かった決勝対決は韓国囲碁の看板イ・セドル9段(30)と中国囲碁の新鋭タンウェイシン3段(20)が行う最終3回戦で仕分けされることになった。




布石は互いに探索の動きを広げて落ち着いている流れ。 中盤へ向かって真っ向対立する局面になるとすぐにイ・セドルの真価が現れ始めた。 当代最高の戦闘力を持ったイ・セドルの前にウークァンアは錯覚を犯すなど力不足を表わした。 最後には強靭な勝負呼吸で大型水上戦. イ・セドルがぴったり1手はやかった。 'やはりイ・セドル'という感心が出てくる勝利であった。

イ・セドルの三星火災杯決勝は五回目だ。 去る4度は9回、12回、13回、17回大会. イ・セドルはその4度の決勝戦を全部優勝で結びつけて大会最多優勝記録を立てた。 

今年タイトルを取得することが出来なかったイ・セドルでは三星火災杯で自尊心回復を狙っていて、今年世界大会優勝がない韓国囲碁としてはイ・セドルの肩に来る最後のタイトルであり初優勝を寄り添っている。 



年末へ向かいながらどんどん頑張っているイ・セドルは先週名人戦決勝に進出したし、国内最大棋戦であるolleh杯準決勝に上がって大会4連覇に拍車を加えている。 

この他にも国手戦は挑戦者決勝戦に、KBS囲碁王戦は勝者組4強に進出していて主な棋戦の上席に名前をのせている。 色々な棋士がイ・セドルを相手に優勝を打診している局面だ。

 


韓国80後vs中国90後… 4連続韓中決勝戦 

反対側組ではタンウェイシンがスウェ9段(22)を368手2目半で折って決勝進出に成功した。 自身の世界大会初めての決勝だ。 途中'3コウ'があったがスウェが解消したし、以後激しいヨセ勝負終わりにタンウェイシンが逆転勝ちした(3コウを解消した時点ではスウェが有利だった).

決勝戦は韓国80後vs中国90後間の対決で形成された。 4連続韓中決勝戦だ。 イ・セドルは韓国ランキング1位で、タンウェイシンは中国ランキング14位. 二人の棋士は決勝戦で初めての対決を繰り広げることになる。 3回戦で進行される決勝戦は12月10日から中国、蘇州で開く予定だ。 



1107-s2
1107-s3
1107-s4
1107-s5
1107-s6
1107-s11
1107-s12
1107-s13
1107-s14
1107-s15-1
1107-s16
1107-s17
1107-s18
1107-s19




棋譜再生
 

2013三星火災杯準決勝戦3回戦最終局
○イ・セドル9段(韓国) vs ●ウークァンア6段(中国)
結果:イ・セドル、152手白中押し勝ち 

序盤は白が若干重い布石で出発は大いによくなかった。 黒31が余計な手であり白42は緩い手と見える。 
黒59が変だった。 78時点で白が若干良い流れになった。 
97が無理で96の隣に連結したら長い勝負であった。 
黒が捉えに行ってかえって有家無家で皆死んで勝負が終わってしまった。 
<총평=박승철 7단> 
--

※有家無家

囲碁の格言で両方の石が争う過程で、一方は地があり、一方は地がない状況を言う言葉。


参考リンク
漢字の話::〜* Parfait Bijou *〜幸せな少年のわずかな日常 - 有価大根(有家无家)   


--

第18届三星车险杯半决赛三番棋第3局 唐韦星执黑1又3/4子胜时越

 
棋譜再生