韓国語翻訳 ウェブページ翻訳 - エキサイト 翻訳 
130827-mi-01


パク・ヨンフンが帰ってきた。 去る24日まで韓中天元戦でチョニャオイェと3回戦激戦を行ったパク・ヨンフン. 帰国後初めての対局は名人戦16強戦だった。 

27日囲碁TVスタジオで開かれた第41期名人戦本戦16強でパク・ヨンフン9段が162手でキム・ドンホ3段を相手に白中押し勝ちをおさめた。 

完勝だった。 勝負の別れ目ごとに柔軟ながら隙のないパク・ヨンフンのスタイルがよくにじみ出た。 中盤右中央の白大石が簡単に打開され事実上勝負が決まったし、以後は丈夫なパク・ヨンフンの仕上げを鑑賞する時間だった。 

局後パク・ヨンフンに、過ぎ去った韓中天元戦に対する感想を尋ねるとすぐに"3局は完敗であった。 機会が何度もあったという点で1局がちょっと惜しい。 それでも3局全部最善を尽くした。 応援してくれたファンたちに感謝申し上げる。"と答えた。 

チョニャオイェ9段に対しては"序盤中盤に隙が殆どない。 終盤は私が敗れた1局と3局で若干の失敗が出てきたりしたが、その時はすでに違いが生じる形勢だったのでこれだけ持って評すことは難しい。 チョニャオイェは基本的に力囲碁だ。 序盤中盤の戦闘でよく受け返して優勢を作り出すことが重要だと再び感じた。"と言った。

パク・ヨンフンは最近自身の囲碁に対して"以前より少し激しくなった。"として名人戦での勝負にも自信を表わした。 現在のハイウォンリゾート杯8強には前期優勝者と準優勝者であるイ・セドル、ペクホンソクとパク・ヨンフン、アン・チョヨン、イ・ジヒョンまで総5人が名前を上げた。 

28日はキム・ソンジンとビョンサンイルの本戦16強戦が午前10時半から繰り広げられる。 



第41期名人戦は(株)江原(カンウォン)ランドが後援して、韓国日報・(株)囲碁TVが主催して(財)韓国棋院が主管する。 優勝8千万ウォン、準優勝2千 4百万ウォンの賞金が与えられて制限時間は各自2時間に秒読み1分3回だ。
 

[518330]130827-mi-02
[518330]130827-mi-03
[518330]130827-mi-04
[518330]130827-mi-05

 0754


棋譜再生




現在までのベスト8入り
イセドル
イジヒョン
パクヨンフン
ペクホンソク
アンジョヨン


16強戦残り
ビョンサンイルvsキムソンジン
チェチョルハンvsモクジンソク
ハンテフイvsアンソンジュン